犬の本【イヌを長生きさせる50の秘訣】

先代の柴犬は17歳と長生きした。
15歳までは白髪が増える程度で何も変わらなかった。
16歳になった夏・・・ちょっと体力が落ちるのを感じた。
何か調子が悪いのかな・・・。
ちょっとした体調の変化でも、かかりつけの獣医さんに診てもらっていた。


なんだか目が曇ってきたね・・・見えないのかな。
歩き方変だね・・・もうダメかな。


最後の一年は、1ヶ月に一度お腹にたまった腹水を抜いてもらいに通っていた。
夏が来て・・・、その頻度が1週間に一度になった。
気温が上がるお盆の頃には、とうとう先生が仕事が終わると毎日来てくれた。




誰も止めることができなくなってしまった。



自分もそうだが長生きということに欲はない。
その瞬間は神様が決めることだから。
ただ、できる限りこの与えられた命を楽しみたい。楽しませたい。それだけ・・・
a0286855_913778.jpg
犬の体のこと、病気のこと、犬に起きる危険なこと・・・
いろんなことから犬を守ることが長生きの秘訣につながる。

イラスト付きでわかりやすく教えてくれる。
犬を初めて飼うときにはちょっとめくってみると何かのきっかけになるかも。
私も去勢手術をさせる前にこの説明を読んでちょっと肩を叩かれた気がする。
a0286855_913592.jpg
母は生き物の体には適度な緊張が必要だと言っていた。
柴犬は痴呆症になりやすいと言われているし、
私もできる限り犬の体は甘やかさないようにしたいと思う。
a0286855_913486.jpg
+++++
イヌを長生きさせる50の秘訣
-危ないドッグフードの見分け方とは?
-肥満犬を走らせてもやせない理由は?
臼杵 新著
ソフトバンククリエイティブ
+++++

第1章 イヌを長生きさせる環境
第2章 イヌを長生きさせる運動
第3章 イヌを長生きさせる食生活
第4章 病気や怪我のサインを知って早期発見
第5章 老犬と幸せに暮らす知恵

イヌの飼い主なら「この子が少しでも長生きしてくれますように!」「この子とずっと一緒にいたい!」と思うのは当然のことです。
しかし、誤った飼い方をすると寿命を縮めたり、事故や病気などで命を落とすこともあります。
本書では、本当にイヌのためになる環境、運動方法、食生活を解説しながら、
病気やケガのサインの見つけ方、老犬にやさしい暮らし方まで紹介していきます。http://www.amazon.co.jp/より抜粋

a0286855_913250.jpg


[PR]
Commented by oak-barrel at 2014-02-06 11:16
おはようございます(●^o^●) oak-mamaです。

・・・私は 愛犬を看取る・・・という事をまだ経験した事がないので
想像するしかないですし・・・正直まだまだ考えてない・・・っていうより
考えたくないというのが現状ですが・・・
それでも形あるものはいつかは消えていくのは仕方ない事なんですよね・・・

ただ・・・知識というものは、ないよりあった方がいいに決まってるので
参考にしちゃおっかな(^^♪ (・・・ちょっと重くなっちゃったので(私が)軽い感じで・・・(^_^;))

↓ 前も走りまわってましたものねぇ~(●^o^●)
オークも1歳の頃 初雪みて走りまわって、私の周りを10周近く走りまわった画を
思い出します・・・まぁ・・・それでも周りの同じ年くらいのワンコに比べればはちゃけてますが
尻尾が立つ・・・yamatoくんの速さに尻尾がついていけないっぽくも見えますね(^^♪
Commented by いけかな at 2014-02-06 17:36 x
犬も猫も昔より長生きになりましたものね。
17歳とは、ずいぶん長生きだったんじゃないですか?
ほぼ大往生というか…。
義母のマックスは、大型犬のせいか、11歳をすぎると、急に老け込んできたと言ってました。

猫は、昔は15歳くらいが寿命といわれてましたが、今は丈夫な子なら19歳くらいまではいけるかな?
ちなみに世界記録は36歳とか読んだことがありますw
Commented by yushipapa at 2014-02-06 22:53 x
17歳っていうとかなり長生きですね。
まさに大往生ですね。
それだけ、大切に愛されていた証ですよね。
少しでも長生きして欲しいってのは、家族の願いです。
少なくとも、自分達のせいで命の時間を縮めないようにしたいなって思います。
適度の緊張ってたぶん大切なんだと思います。
それが、野生の本能を動かすからかななんて思ってます。
Commented by at 2014-02-07 01:34 x
先代犬17歳は立派ですね。
我が家の先代は16歳ちょっと手前、実家で飼ってた先々代も16歳に届かなかったので、我が家のとりあえずの目標は「越えよ、16歳の壁」なんですよ。
短い一生だから、目一杯、楽しんで幸せに生きて欲しいって願わずにはいられません。
↑でご紹介いただいた本、読んでみようと思います。
Commented by shiba_yama at 2014-02-07 13:47
**oak-mamaさま**

こんにちは。
たぶん犬を飼っていると、
これからお友達ワンコさんとのお別れを数多く経験すると思います。
そのたびに自分のこととは考えられないんですよね・・・
すべてが「こういうことだったのか・・・」って感じでね。
私たちは最期の数時間、家族4人交代で抱いていました。
しかし、最後の最後に・・・病院へ連れて行ってしまったんです。
それがずっと後悔でね。
まさか死ぬなんて思えないですものね・・・
だから、yamatoを飼った瞬間からお別れは常に頭から離れません。
でも、それくらいの方が正しい判断ができるようになれる気がします。

普段の散歩では、面白くないの?と思えるほど、
スタスタと横を歩いてます。
でも、ここはいいよというところへたどり着くと
目が輝くんですよね・・・笑
5歳くらいになったらそんなことしてくれないだろうから、
今のうちに公園で走るのが当たり前♪と思ってもらえるように。。。
と考えてますが、無理かな~~
Commented by shiba_yama at 2014-02-07 13:47
**いけかなさま**

こんにちは。
ご近所ではちょうど柴犬が流行っていてね・・・
みんな同じ動物病院の先生からいただいたコばかりで。
だいたいみんな同じくらいの頃に逝っちゃったかな。
やはり人間も犬もライバルがいなくなると寂しくなっちゃうんですかね^^;

大型犬は10年とか早いですよね・・・
柴は小型犬だから、長生きしやすいのかもしれませんね。
猫ちゃんも昔みたいに外をフラフラしているコも少ないから
長生きタイプになったのかな♪^^
36年はちょっと困るかな・・・犬より先に倒れられないわね。
Commented by shiba_yama at 2014-02-07 13:47
**yushipapaさま**

こんにちは。
最後の数年は、冬になると部屋に入れて生活してたかな・・・。
朝帰りの私のベッドをいつも温めて待ってくれていました。
さくらちゃんもお外で四季に合わせ生活をしているから、
体丈夫でしょうね♪

それなりに食べるものも良くなったから、
長生きしちゃうんでしょうね。
だから、痴呆症にもなるのかな・・・
Commented by shiba_yama at 2014-02-07 13:47
**藍さま**

こんにちは。
藍さんのところの先代犬さんも長生きですね。
多少は血筋などもあるのかな・・・
いっしょに暮らしている犬がいると、
とてもいい刺激が与えられてきっと長生きするでしょうね~
主人の実家の3匹のビーグルも親子でしたが、
どのコも長かったです。
完全に庭で飼ってたけれど(室内の方が長生きするとか言われてるけど)、
長生きだったので一概に何がいいとは言えませんね・・・きっと。

藍さんならご存知のことばかりかもしれません。
でも、震災が起きた時とか、病気のサインとか・・・
気をつけるきっかけにはなるかもしれません。
Commented by berry0726 at 2014-02-08 00:30
昨年12月にうちの近所にいた柴が2匹立て続けに亡くなりました。
1匹はよく早朝の散歩で会ってたおばあちゃんが連れていたななちゃん。
もう1匹は散歩道の途中に住んでたアトムくん。

見かけなくなったなぁーと心配していたらやっぱり亡くなってました。
すごくショックでね、元気いっぱいでお散歩していた頃を知っているだけに
いつかまろんにもこういう日がやってくるのだと思うと胸がきゅんとなり
「今は考えないでおこう・・」と思いました。

いつかはやってくる日。

私をはじめ家族はきっと大丈夫じゃないだろうなと容易に想像がつきます。
ちゃんと本を読んで心得しておいた方がいいのかな。

Commented by shiba_yama at 2014-02-10 11:57
**berry0726さま**

こんにちは。
その日が来るその瞬間まで飼い主にはわからない現実だと思います。
我が家はまさにそうでした。
家族4人が本当に死んだようになり、
誰かが犬のことを話しても涙が出なくなるのに何年かかったかな・・・。

我が家では犬が私たち家族に"死"という現実を教えてくれました。
母が他界する少し前も・・・
自分の命が短くなるのを感じたのでしょう。
犬との思い出をいつまでも話していました。
犬のところへ行かれるから寂しくないと・・・と言う感じで。
人間と犬をいっしょにするべきではないかもしれませんが、
犬の死がなかったら、母の死は受け入れられなかったかもしれません^^;

必ずいつかはやってくる。
だからこそ、その瞬間に後悔しないように生きるだけです。
どんな時でもいつも「精一杯」の犬には、教わることばかりですね^^
by shiba_yama | 2014-02-06 09:39 | 1year | Comments(10)

ビビリな柴犬yamatoと主と家政婦の日々の記録。家仕事の記録やおいしいものの記録もときどき。


by shiba_yama
プロフィールを見る
更新通知を受け取る