タグ:going out ( 284 ) タグの人気記事

初めての犬友達

「ドッグカフェ、ご一緒させてください。」

デートのお約束をしてから、毎日が楽しみだった。
天気予報では雪とも言われてたけど気持ちが通じたのか、まさにお散歩日和。
a0286855_11395472.jpg
待ち合わせの場所に到着したら、yamatoはフセの練習(主が練習・・・とも言うが^^;)。
a0286855_11395886.jpg
すぐにoakくん到着。
初めてお会いしたとき「今はいいけど、やっぱりオス同士の友達は難しいのかな・・・」とも思った。
しかし、それから数回しかお会いしていないのに、会うたびに本物の兄弟みたいになってくる。
この日も元気にご挨拶できた。

「さぁご飯食べに行こう♪(犬は水だけどね・・・^^;)」

※正直、yamatoはまだ食事のマナーができていない。
飼い主がコーヒーを飲んでいるのは動じず待てたが、まずは食事中に待たせてみるのが先だった・・・
oakくんゴメンね。oakくんまでご飯食べられなくて^^;
a0286855_1140296.jpg
ドッグカフェなのにビールに合いそうなメニューも見つけた。
今回はピタサンドにしたけど、夏になったらこのカフェで散歩の帰りにビールを飲みたいな~ささやかなる家政婦の夢です^^;
a0286855_1140539.jpg
「いらっしゃいませ~♪ こちらへどうぞ・・・」

yamatoが気になるのは、私たちが食べているピタサンドではなくて・・・かわいい店員さん♪
店員さんの声が聞こえるたびにそちらに向かってオスワリしていた。
a0286855_11401344.jpg
食後はoakくんと近くのお山を散歩した。
a0286855_11402155.jpg
気づくとyamatoは常にoakくんの頭ひとつ分後ろについて歩いていた。
少しでもyamatoが前へ出ようとするとoakくんがきちんとセーブしてくれる。
まさに本物のリーダーウォークだった。
a0286855_11401715.jpg
ときどき鼻を近づけながら、なにやらこそこそと男同士の会話もしていた。
a0286855_1140257.jpg
yamatoより少しお兄ちゃんのoakくん。
私たち飼い主がまだ右も左もわからない頃に知り合った。
犬の相性はもちろんだったのだが、家政婦はその名づけセンスに魅かれた。
a0286855_11402952.jpg
「なんてセンスのいい飼い主さんなの~友達になりたい!!」

ワクワクしているのは犬だけではなく飼い主も一緒だった。
oakくんといっしょに遊んでもらえるように、またトレーニングがんばろうっと^^



oakくん、papaさん、mamaさんとの出会いに感謝。
[PR]
by shiba_yama | 2013-01-29 12:49 | 7-9months

yamatoと初日の出

元旦の朝は、ご近所さんが集まる初日の出スポットへ・・・。

初日の出を観ている途中で排泄をしたがられては困るからと、
あらかじめ家政婦だけで5時半に散歩を済ませた。
もちろん散歩中の排泄はさせないしつけを(今のところ)実行中なのでその前に部屋で排泄させる。
そのため起きたのは5時・・・。
真っ暗な5時に起こされて、ふらふらとしているyamato。
当然すぐには立ち上がることもできない。

「なんで朝からボール投げして遊ばなきゃいけないの?」

と言われながら(←実際は言ってないけどね^^;)、せっせと興奮させる。
何だかんだといいながら、ボールで興奮させられて朝からオ○ッコとウ○チができるときのyamatoはオリコウサン^^



朝の散歩のときは、まだ真っ暗で月はくっきり、満天の星空だった。
初日の出のために出発したら、すでに空は明るくなってきていた。
a0286855_9183494.jpg
先客が30~40人はいたかな・・・。
今年は若者が多くなってる気がした。
a0286855_9184350.jpg
東の空にはなぜか雲が邪魔していた・・・もう見えているはずなのに。
a0286855_918498.jpg
「だめだね・・・雲が邪魔してる。」
a0286855_9185353.jpg
人間が皆同じ方向を見ていると、犬も気になるのか・・・。
a0286855_9185721.jpg

a0286855_919166.jpg
この犬の命が温かく見守られていきますように。
a0286855_91954.jpg



[PR]
by shiba_yama | 2013-01-05 09:37 | 4-6months | Comments(6)

クリスマスイルミネーション撮影

どうしても今年のイルミネーションが見たかったから、
散歩コースを変えてすこしだけ覗いた。
a0286855_10591466.jpg
いつもとは違ってたくさんの家族連れやカップルが写真を撮っていた。
a0286855_10591912.jpg
暗いし、大人しくしていてくれないし・・・ピンボケばかりだった。
a0286855_10592477.jpg
右手でカメラのピントを合わせたままシャッターボタンを押す支度をしながら、
左手には砂肝を持って、他へ視線が行かないようにひたすら声をかける・・・
a0286855_10592993.jpg
あ~疲れた。


[PR]
by shiba_yama | 2012-12-21 11:07 | 4-6months

初ドッグラン

それはそれは楽しそうに走っていた。
飼い主的には、ドッグランに嫉妬しそうなくらいの気持ちになった・・・

「『オイデ』ができない子はドッグランへ行かれないかな。」

「とりあえずフェンスの周りから抱っこして眺めるだけね・・・怯えちゃう子もいるらしいから。」

そんな心配をする必要は微塵もなかった。
リードを外すまでにはすこし時間がかかったくらいかな(主の勇気が出るまでに^^;)。
yamatoよりすこしだけお兄さんの柴さんがとても上手に相手をしてくれた。

どうもyamatoはMっ気があるようだ。
最初は柴さんを追いかけていたのだが、追いかけられたいらしく。
「追いかけて!」というようなそぶりをみせていた。
a0286855_9402110.jpg
初日は小型犬用のドッグランだけ試したら帰るつもりだった。
隣の大型犬用のドッグランには、街中でも珍しい大型犬がたくさん走っている。
ドーベルマンやバーニーズが大人の犬らしい激しい遊びをしていた。
yamatoはどう思っていたがわからないが、主の方がさすがにびびった。
a0286855_9581847.jpg
「こっち(大型犬用)で放すのはずっと先だね・・・」

そんなことを言いながら、初日は帰った。
a0286855_9403933.jpg
またしばらくして、今度はできる限り空いている時間を狙って、少し早い時間に行ってみた。
よくしつけの行き届いた大人しそうな犬ばかり・・・今なら行けるかな。

「どうする?放してみる?」

大型の犬はさすがにその大きさに驚いていたが怯えている様子は見られなかった。
この日は成犬の柴さんが相手をしてくれた。
やはり同じ犬種だと遊び方も一緒だから安心できる。
大人の柴らしい対応をしてくれた。
小型犬用ドッグランではyamatoを叱ってくれる犬はいなかったが、
この柴さんはしっかりとyamatoに柴犬の挨拶を教えてくれた。
何度も追いかけっこをしてもらったが、途中何度かyamatoが逃げるそぶりを見せた。

「もしかして・・・ビビってるのか。」

と話していたら、観念したのかお腹を出して倒れた。
少し意外な気がした。
何でも怖がらずに行ってしまう犬かと思い、不安に思っていたからだ。
a0286855_9404214.jpg
「そろそろ切り上げようか」

初日の小型犬用のドッグランでは飽きることなく走っていたが、
大型犬用のドッグランに入れたら、ある程度で走らなくなった。
一日で20頭以上の犬と遊んでもらった。
初めてのドッグランにしてはまぁまぁだろう。
a0286855_9404636.jpg
小型犬用のドッグランでは「オイデ」ができなかったのに、
大型犬用のドッグランへ入れたらすぐにできた。

どうも大人社会を経験して、飼い主の元へ走る喜びを覚えたようだ。
こんなにも楽しそうに走る姿に、また連れてきてあげたくなった。
そして、トレーニングの重要性を飼い主に教えてくれた貴重な経験だった。
a0286855_9405018.jpg
仔犬の相手をしてくれた犬たちに感謝。

[PR]
by shiba_yama | 2012-11-30 10:30 | 4-6months | Comments(14)

柴犬yamatoと飼い主の日々の記録。


by shiba_yama
プロフィールを見る
画像一覧