タグ:books ( 148 ) タグの人気記事

犬の本【はじめての柴犬】

yamatoが我が家へ来た頃、犬の飼い方の本を図書館で探した。
犬を飼ったのは初めてではないが、
もう20年以上も前のことだったから、事情がいろいろ変わってて戸惑った。

「柴には柴の育て方がありそうな気がする・・・」

なんとなく、そんなことを感じた。
a0286855_17222462.jpg
+++++
はじめての柴犬 飼い方 しつけ お手入れ
加藤 元/岩佐 和明監修
主婦の友社
+++++
a0286855_17223355.jpg
毎日がめまぐるしく過ぎていく。
家を留守にできる(仔犬をひとりにする)のは1~2時間が限界だったので、本屋で立ち読みする余裕もなかった。
あのときに、このページを読んでいたら・・・。

だいぶ落ち着いた頃にようやく見つけた一冊。
人生で万が一、柴をもう一匹飼うことがあったら
再度読んでみたいな。



a0286855_13261276.gif

[PR]
by shiba_yama | 2013-02-19 17:28 | 4-6months | Comments(10)

犬の本【柴犬ゴンとテツののほほん毎日】

+++++
柴犬ゴンとテツののほほん毎日
影山直美著
メディアファクトリー
+++++
a0286855_9331179.jpg
影山さんの著書のおかげで、犬の世話で疲れた心がどれだけ癒されたことか。
ガンバラナキャ!ガンバラナキャ!
これで終わりというのはないから、ついつい気づくと悪いサイクルに陥っていることもある。
図書館へ足を運ぶたびに、影山さんの本を1冊借りてくる。

ゲラゲラ笑わせてもらうと、肩の力がスーッと抜けている。
※影山さんのことを笑える立場ではないのだが、あまりに似たような境遇が多く、笑わずにはいられない。
a0286855_9331614.jpg
そして、このテツという柴がこれまたうちのyamatoに見た目も性格もよく似てる。
それがまた愛おしいくてたまらない。
a0286855_9331995.jpg



[PR]
by shiba_yama | 2013-02-14 09:43 | 4-6months | Comments(0)

犬の本【Casa BRUTUS】とかいろいろ・・・

あっという間に成長してしまう仔犬を見ていると、
「これでいいのか・・・このままでいいのか・・・」と思うことばかりだ。
でも、そのたびに私は初心に帰る。

『我が家はどんな犬に育てたいのか。犬とどんな生活がしたいのか。』
a0286855_9452495.jpg
+++++
Casa BRUTUS(カーサ・ブルータス)2011年08月号
-やっぱり、動物と暮らしたい!-
マガジンハウス
+++++


時にはファッション誌をパラパラめくる気分でリラックスした時間を過ごしたくなる。
「この首輪欲しいな・・・」、「こんなセンスいいセーター着せてみたいな・・・」
そのたびに「毎日の世話」、「しつけ」をがんばらなきゃという気持ちになる。
・・・お洒落なワンちゃんたちはたいてい躾がしっかりできているものね(汗。
a0286855_9454571.jpg
+++++
Crea due dog no 1 いつでもどこでも犬と一緒に! [ムック]
文藝春秋
+++++
a0286855_9452978.jpg
+++++
わかりやすい愛犬のしつけとマナー
矢崎 潤監修
成美堂出版
+++++


矢崎さんの本は、コマンドトレーニングなどがたくさんの写真で細かく教えてくださるのでとても分かりやすい。
パピーの頃は、矢崎さんの本に大変お世話になった。
a0286855_9453399.jpg
+++++
図解 愛犬を賢くしつけるこんなうまい方法があったのか
1日5分で自慢のワンちゃんに!
ライフ・エキスパート
KAWADE夢文庫
+++++


しつけは継続がカギ。
だからこそ犬にも人にもわかりやすいシンプルなトレーニングがいいのかな。
結局難しかったり、面倒なトレーニングは飼い主も飽きるしね・・・汗
a0286855_9453871.jpg
+++++
子いぬと仲良くなる育て方(しつけ編)
ベネッセコーポレーション
+++++


トイレ、甘噛み・夜鳴き・食糞の解決のコツなど誰もが悩むことを分かりやすく教えてくれた。
5ヶ月くらいの頃に読んだけど、もっと早くに読みたかったな。
a0286855_9454978.jpg
+++++
クロワッサン 2011年 6/25号-犬が教えてくれること。
マガジンハウス
+++++


鶴田真由さんが自分のベルトを愛犬の首輪にリフォームしていた。
私もやろうっと古くなったベルトを探してきたけど、
すでにおもちゃになってボロボロ・・・笑



[PR]
by shiba_yama | 2013-02-08 10:03 | 4-6months | Comments(6)

犬の本【犬のしつけきちんとブック「トイレ上手になる」編】

表紙の写真があまりにも可愛くて。


3ヶ月入った頃だったかな・・・トイレシートの真ん中にオシッコをしないことに悩んだ。
気づくと端っこの方でするから、ときどき横にはみ出る。
今思えばカワイイ悩みだったな。
トイレトレーニングの基本はこの本から学んだ。
グッズの使い方も教えてくれるし、飼い主とモデル犬が写真で丁寧に教えてくれるからとてもわかりやすかった。
a0286855_1362270.jpg
+++++
犬のしつけきちんとブック 「トイレ上手になる」編
矢崎 潤著
高橋書店
+++++

他に「吠えグセ解消」編、「留守番上手になる」編、「かみグセ解消」編がある。

喜んでキャンキャン言うだけで吠えることはないね・・・
留守番はクレートに入れておけばすぐ寝ちゃうし・・・
かみグセか・・・甘がみはあるけど月齢と共に治るだろう。
a0286855_1363050.jpg
3ヶ月頃ってそんなに悩むことなかったのかもしれない。
でも、月齢に応じてしっかりと誰もが通る悩みに直面している。
やっぱりひと通り目を通しておくといいのかな。
a0286855_1362755.jpg

パピー期にピッタリの本を借りてくると、たいていワンコのかわいい跡がある。
図書館の本に印をつけたりしてしまう人がいるのはぜったいダメだけど、
すごく小さな歯型だから、なんかこれは憎めない・・・笑


[PR]
by shiba_yama | 2013-01-24 13:16 | 0-3months | Comments(10)

犬の本【うちのコ柴犬-反抗期の犬のキモチ】

a0286855_10234494.jpg
影山さんところの柴犬ゴンとテツに振り回される様子が面白く書かれているコミックエッセイ。
影山さんのイラストがなんとも笑いのツボに!!
日々疲れた家政婦の心にお腹から笑わせてくれた温かい一冊。
他にもいっぱいあるみたいだから、順番に読んでみます♪
柴犬を飼っていなくても、笑える一冊ですよ~
どこかで見かけたらどうぞ一読を。
立ち読みするときは笑い声に注意してね^^


飼い犬に手を噛まれているところなんて、まさに私のことだからほんとは笑えないんですけどね・・・汗
a0286855_10235281.jpg
yamatoは影山さんところのテツに似ています。

+++++
うちのコ柴犬 反抗期の犬のキモチ
影山直美著
メディアファクトリー
+++++




[PR]
by shiba_yama | 2013-01-21 10:29 | 4-6months | Comments(0)

犬の本【どうする!ウチの問題犬】

「犬のしつけは6か月で決まる」の続篇。
a0286855_972152.jpg
参考にしたことを以下に記録しておく
↓↓↓


□問題犬になるのは?
 ■飼い主が犬からリーダーとして認められていない。
 ■犬の衝動が発散されていない。など

□飼い主の手を噛んだ後、手を舐めるのは・・・
 →犬が後悔して詫びているのでなく、「自分が勝ったのだからもうケンカはやめよう」ということを意味している。
  要するにリーダーとして認められていない証。

□視線をそらす行為→怒っているメスに対してなだめるために目をそらす。

□殴ったり厳しくしつけると恐怖と強制で従うだけで自らの意思ではない。
 何事も優しい訓練から始めて、徐々に難しくし、繰り返し褒める。
 犬に自ら行動させることが重要。

□ひとりぼっち(留守番)が苦手な犬に対する治療法
 ■犬が悪事をできないようにしておく。
 ■外出前後犬を構わない。
 ■外出の素振りに逆条件付けを行う。(鍵を持っても出かけない。リードを持ってもほかの事をし始める・・・)
 ■音、照明で犬の気を紛らす。(外出時にテレビをつけっぱなしにしておく・・・)
 ■短い時間から始め徐々に慣れさせる。
 ■普段から犬をなるべく構わない。
 ■基本となる服従訓練を毎日行う。
 ■少し疲れるくらい充分な運動を行う。など・・・

□犬の所有欲
 犬がくわえているものを取り返すためにおやつを使うのは、犬に「商取引」を教えてしまうことがある。
 なにを盗めば良いご褒美がもらえるか学習する。
 ■リードを持って散歩に誘い犬に興奮を与えその瞬間に取り上げる。
  楽しそうに他のおもちゃで遊ぶ姿を見せてその瞬間にくわえているものを取りあげる。
 →これで「オフ」のコマンドを加えていったらなんとなく離すようになってきた。

□「来い」のしつけ
 遊びの終わりだと思わせないこと。
a0286855_972779.jpg

+++++
どうする!ウチの問題犬
ジョエル ドゥハッス/コレット ビュイゼール共著
マガジンハウス
+++++


正月に長時間ひとりで留守番させたら(いつもより少し長い時間だったのに)
ちょっとストレスでおかしくなってた。
それまでできていたから、飼い主が連休で生活リズムが崩れていたのも原因かもしれないが、
まずは「ひとりぼっちが苦手な犬」の治療法をすべて実行してみた。
今は問題なく解決した。

そんな方法で解決するか??と思うことが多いけど、
まずは何でもやってみることだと最近感じている・・・



[PR]
by shiba_yama | 2013-01-17 09:28 | 4-6months | Comments(16)

犬の本【犬のしつけは6ヶ月で決まる】

我が家の犬も6ヶ月を迎えた。
長かったのか短かったのか今はまだ真っ只中でわからない。
何か教えるとすぐに覚える・・・そして飼い主がホッとしたのもつかの間、新しいモンダイが生まれる。
とにかくそれの繰り返し。
キリがないとも思うけれど、人と人が暮らしていても一緒なんだよね。

*うれしいことをしてくれたら、瞬時に褒める。
*叱らない(叱るのはその瞬間に一度だけ「ダメ!」と)。
*心の健康と体の健康を優先してあげる。
*必ずできるようになる。とにかく信じること。

a0286855_14592632.jpg
まるで子供の反抗期。
と言っても小学生が「今やろうと思ってたのに・・・-_-;」とすぐに始めないのと同じようなものかな。
「オスワリ」や「フセ」の指示に従うのだが、目だけがそっぽを向いている。
体は抵抗しないのに、心が抵抗している・・・そんな風に感じる。
家政婦は、こちらに向かって尻尾を振っているかどうか。で判断している。
犬の尻尾は嘘をつかない。
目が合って嬉しければ尻尾を振る。そうでなければ尻尾は動かない。

*
*
*

家政婦のこの1ヶ月の悩みは散歩のときの"引っ張りグセ"だった。
初めはほんとに悩んだ。苦しかった。
手は水ぶくれになって左手が使えなくなった。

なぜそんなに引っ張るの??苦しいだけなのに・・・

家政婦と主が子供の頃に飼っていた犬たちは普通に引っ張っていた。
それのどこが悪いのよ・・・と思うときもあったが、それでも諦めなかった。
今ではリードがたるんだまま人間の横をツイテ歩くことができるようになった。
(それでも、怖い音や排泄がしたいときは引っ張り始めますけどね・・・汗)
a0286855_14584352.jpg
ときどき盲導犬みたいに左足の前に頭を傾けながら歩いているのが家政婦的にはちょっとお気に入り。
しつけ上は、ズボンの縫い目より前に出てはいけないんですけどね・・・笑
a0286855_1459023.jpg
+++++
『犬のしつけは6ヶ月で決まる』
ジョエル・ドゥハッス/コレット・ビュイゼール共著
渡辺格訳
マガジンハウス
+++++


犬のことをいろいろ学ぶきっかけになった。
仔犬のことを知ってからしつけをするといろいろスムーズに進む気がした。
a0286855_145993.jpg
みなさんはお正月の支度終わりましたか。
今年は犬優先にすると決めたので、かなり手抜きさせていただきました。
残すはyamatoのシャンプーかな・・・。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

[PR]
by shiba_yama | 2012-12-28 15:43 | 4-6months | Comments(21)

犬の本【モンダイ行動の処方箋】

これでいいのかな・・・。
うまくできたと喜んだ矢先に、粗相をされて落ち込む。
楽しそうにしてると思ったら、悪戯してる。
犬のしつけにはゴールがない。
どれが正しくて、どれが間違っているか・・・今はわからない。
いつも思うことは、我が家らしい育て方が見つかったらいいなということ。


そんなとき、図書館でステキな本に出会った。
a0286855_10334113.jpg
いきなり慣れないことばかりでアタフタしていたけれど、
いろんな本を眺めていたらみんな悩みは一緒なのね・・・と少しホッとした。
a0286855_10335668.jpg

"ドッグライフの便利帳"

犬との生活で調べたくなることがいろいろ載っていた。
一冊あると便利そうだ。
自治体でもこういう無料冊子を発行してくれればいいのに。
ペット税でも始まらない限りないのかな・・・。
a0286855_1034427.jpg
著者の中西さんが勧める「犬のしつけ10のルール」は参考になった。
なんとなく気にしてやっていたことが間違いではなかったみたい。
10のルールすべてが合格ではないけれど、
もう少し意識してあげられたら犬とのコミュニケーションもうまく行く気がする。

この本のおかげで"飼い主"として少し自信と勇気が持てました。
a0286855_10341111.jpg
***
犬のモンダイ行動の処方箋
―ケーススタディでわかる犬のしつけ―
中西 典子著
緑書房
***




[PR]
by shiba_yama | 2012-10-24 11:14 | goods | Comments(4)

ビビリな柴犬yamatoと主と家政婦の日々の記録。家仕事の記録やおいしいものの記録もときどき。


by shiba_yama
プロフィールを見る
画像一覧