タグ:books ( 149 ) タグの人気記事

犬の本 【愛犬のための手作り健康食】

西洋医学ではなかなか根治できないアレルギー性皮膚炎。
現在の対応法としては、
洗浄療法、
痒みを止める薬物療法、
皮膚の乾燥を防ぐ保湿剤塗布、
室内を頻繁に掃除する・・・。


根本的に治す方法はない。
しきりに舐めたり、かいたりするので、見ている方も辛い。


「私の経験の範囲では、ほとんどのイヌが二つの大きな原因を抱えていて、
それを解消することで薬物に頼らなくても生活できるレベルまで改善していきます。
その原因とは、腸の調子がよくないことと、たんぱく質の体内処理がうまくいっていないことです。
中国医学では、皮膚と腸はつながっていて、長にトラブルが生じるとそのサインが皮膚に現れるといいます。
ヒトでも、便秘になるとお肌が荒れるのはそのため。また、たんぱく質は消化吸収された後、
不要になったものは泌尿器系を通して排泄され、補助的に皮膚からもはいせつされます。」本文より抜粋


*
*
*


yamatoが3ヶ月の頃から、手づくりご飯をあげている。
ドックフードを与えていないのは、
yamatoに合ったフードが見つけられなかったから。
今では季節ごとに体に合うレシピを作れるようになった。


見た目にカッコいい柴犬にさせたいな・・・
と飼い主としての欲望も出てきて、
少し前からyamatoのご飯に市販のドライフードを混ぜて
体重コントロールをしていた。

500gくらい増えた。
粘液便も出なくなりシメシメ^^と思っていたのだが。


今までになく、お腹や足を痒がるようになった。
たぶん初めての皮膚トラブルだ。
今まで季節の変わり目に乾燥する程度はあったが、
これはいわゆるアレルギー性のものだろう。
なんとなく勘。


そんな時にこの本に会った。
もしや・・・市販のフードか?


いやいやそんなはずはない。
何年も食べさせたわけではない。
5年の犬生でせいぜい3kg~5kg程度だ。


人間に比べると犬は野生に近いし、
本来の自然治癒力というものを持っている生き物だ。


排毒、半断食、東洋的治療感、医食同源・・・
まずはできることだけ。
自分の考えと合うものだけ。
ひとつずつ実践してみようと思う。

a0286855_06151035.jpg

+++++++ 新装版 かんたんで経済的!愛犬のための手作り健康食 +++++++

須崎 恭彦著
洋泉社

イヌの世界も医食同源!手作りレシピにするだけで、
元気で長生き、おだやかで賢い、愛犬に生まれ変わります。
病気知らずの子にする犬ごはん。

++++++++++++++++++++++++++++


2002年にも出版された本だ。
手づくりご飯の先駆け的存在だったのだろう。
興味のない人には難しい本だろうけれど、
愛犬の治療にどこか疑問を持っている人にはひとつの光になるかも知れない。


*
*
*


雨の週末、わが家のご飯。
散歩の時間の代わりに朝食に時間を費やした。
主のリクエストで、わが家は大粒納豆を食べる直前に叩く。

a0286855_06151329.jpg

この日のyamatoへのおすそわけは、
納豆ときゅうりと味噌少し。
yamatoの分も消化しやすいように潰してあげた。


*
*
*


セロリは朝食用のスープに入れていたが、
yamatoのご飯にも入れることにした。
スープで働きを終えたクタクタのセロリの葉っぱを
オヤツ代わりにあげたら喜んでいた。
本を読んでいたら、食べさせたい食材がいっぱい出てきた。

a0286855_06151702.jpg

きれいな便が出ていれば安心だと思っていたが、
体に不要な老廃物は尿として体から排泄される。
尿の色が黄色くなったら危険信号・・・
健康な尿は透明に近い。


まだ断食は実践していないが、
適切な排尿のために私もくず湯をあげてみた。
すごく喜んで飲んだ。
濃いオシッコも出なくなった。
きっと体に溜まった老廃物は出て行ってくれただろう。

a0286855_06152194.jpg

人間の片栗粉は、スーパーで一袋100円だ。
結婚当初は私もくず粉を使っていたが、
今は経済的な理由で買わなくなっていた。

a0286855_06152350.jpg

なんか笑える。
お犬様に吉野本葛700円。


犬のおかげで、
私たちまで体にいいことができそうだ。

a0286855_06152678.jpg
*
*
*

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
*
犬ブログ広場 柴犬



More
[PR]
by shiba_yama | 2017-10-19 06:32 | 5years | Comments(8)

"dancyu「たまごと料理。」"



主が仕事帰り、産直で買って来てくれる卵。
いたって普通の卵なのだが・・・
a0286855_06404559.jpg

ある日、私は卵の殻むきに失敗した。
バイト先で日に100個200個の卵の殻を剥いていたから
こればかりは失敗したことがないのに。
なぜ?


また別の日も・・・
なぜ?


納得がいかないまま、
加齢のせいで指先が鈍感にでもなったのかと思っていた。
もう一度初心に帰ろうとネットで調べていたら・・・


"ゆで卵の殻がむきにくいのは新鮮な証拠!"


そんなの聞いたことがないよー。
それからというもの、
わが家では冷蔵庫でわざわざ寝かした古い卵をゆで卵にしてる・・・汗
a0286855_06404982.jpg

お弁当用のゆで卵は、
塩麹に浸けて1週間くらい保存できる状態にしているが、
塩麹が切れたので、塩水に浸けてみた。
これイケるかも。
しっとりしていてなかなか美味。

a0286855_06405299.jpg

+++++++ dancyu (ダンチュウ) 2017年4月号 +++++++

プレジデント社

「たまごと料理。」
絶対成功の「ゆで」、人生が変わる「むき」、目からウロコの「漬け」味玉★大実験

++++++++++++++++++++++++++++++



ここまで深く味玉について書かれたものは初めて^^;

a0286855_06405589.jpg

只今、「愛犬のための手づくり健康食」を熟読中。


この本かなり奥が深い。
弟の病気を薬以外の方法で治したくて、
母親が必死だった頃を思い出した。


また読み終えたら、感想お伝えします。

a0286855_06405854.jpg

+++++++ 春夏秋冬、ぎゅっと詰めて 旬弁当 +++++++

中川たま著
日本文芸社

旬の食材は栄養豊富、一番美味しい。季節に合わせて体も心も元気にしてくれる。
毎日のお弁当から、特別な日のお弁当まで、四季に育まれる喜びを。
「旬のおかずの素」で作りおき、作りかえレシピ180。

++++++++++++++++++++++++++++++


a0286855_06410116.jpg

小さい保存容器にマーボーナスがが入ってます。



食材を引き立てる写真の撮り方、使っている器もさりげなくて目が行く。
季節の食材を使ったお弁当を作れるようになりたいな。


*
*
*


+++++++ 月刊KELLY(ケリー) 2017年 04 月号 +++++++

ゲイン

東海のライフスタイルショップ100

++++++++++++++++++++++++++++++


a0286855_06410408.jpg

季節のお弁当持ってピクニック♪
お洒落なカフェを開拓して・・・秋の訪れが楽しみ。


*
*
*


完熟したいちじくを買ってきたけど、
全部食べちゃうのはもったいなくて
残り半分をお砂糖で煮た。
残ったシロップでいちじくサワー♪

a0286855_06411008.jpg

+++++++ &Premium(アンド プレミアム)2015年11月号 +++++++

マガジンハウス

THE STANDARDスタンダード。

++++++++++++++++++++++++++++++



こちらの雑誌にスタンダードアイテムがたくさん掲載されていた。


stainless steel hanger
Ohki
\5,500



1980年代から改良を重ねられているヒットアイテムだそう。
あぁどうしようかな。
ちょっと高いけど、
10年以上ストレスフリーになれると思ったら安い買い物かな。



*
*
*

昨夜はすべての窓を閉めて寝ました。
一年中、どこかしら開けているので
閉めると何の音も聞こえない。
風強かったのかな・・・

久しぶりにyamatoを寝室に入れて寝ました。
夜中に何度も甘えてきていた。
きっと風の音が聞こえたんだろうな。


*
犬ブログ広場 柴犬

[PR]
by shiba_yama | 2017-09-18 06:54 | 5years | Comments(10)

"夕方 5時から お酒とごはん"


ドライフルーツのお酒漬け、イカのフリット、
ジャガイモのフリット、れんこんのゆず胡椒風味・・・


どれも簡単なんだけど、そのシンプルさが魅力。
まさこさんはグラス片手に料理をするらしいけれど、
これなら飲みながらでも作れそう^^

a0286855_05204262.jpg



++++++++ 夕方 5時から お酒とごはん ++++++++

伊藤まさこ著
PHP研究所

「今日は何を飲もうかな」
お酒は家で飲むのも、外で飲むのも大好きで、
暮らしの彩りとして上手に取り入れているスタイリストの伊藤まさこさん。
そんな伊藤さんによるお酒にまつわるエッセイと手軽にできて、簡単、おいしい43のレシピ。
バタバタと忙しい毎日でも、たまには夕方5時から気負わない料理を用意して、
家族や仲間、ときにはひとりでお酒を楽しむ。そんな時間があってもいいのでは?
毎日5時からというのは難しいかもしれないけれど、週末や休みの日にはおすすめです。
家族や仲間とのコミュニケーションが深まり、自分もリラックスできることうけあいのライフスタイルの提案です。
酒器や器のスタイリングからお酒にあうレシピまで、オールカラー写真満載!
読んで、見て、使って楽しめる+αのある本です。
amazonより抜粋

++++++++++++++++++++++


a0286855_05204542.jpg



私は飲み始めたら、料理はしません。
ゆっくり飲みたいからね・・・

a0286855_05204762.jpg



梅雨明け頃に借りてきた本たち。

a0286855_05205098.jpg



問屋街って楽しいよね。
お店屋さんごっこしてる気分。


社会人になってすぐの私は、しばらく会社のショールームで働いていた。
お客さんが全然来ないお店。
それでも、ショーウィンドウだけは毎週のようにディスプレイを変えた。
時間潰しが楽しかったなぁ。


「シモジマ行って、そのまま直帰しま~す♪」

a0286855_05205368.jpg



++++++ &Premium(アンド プレミアム)2014年 9月号 ++++++

マガジンハウス

THE GUIDE TO A SUMMER LIFE サマーライフ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


a0286855_05205684.jpg



私の夏はね・・・
手ぬぐい、扇風機、スイカ、うちわ、アームカバー・・・かな。


年齢を重ねるごとに、昔ながらのモノの良さに気づく。


*
*
*


かわいらしい氷の暖簾を見つけた。
うひひ・・・面白いこと思いついたぞ^^
a0286855_05205930.jpg


先日、郡上に遊びに行った際、NHKの取材を受けました。
万が一、今日のほっとイブニングに柴犬が出たら・・・
yamatoかもしれません。
ちなみに名古屋では放送ありません^^;




「イケメンだったら、ぼくです^^♪」 by yamato


*
犬ブログ広場 柴犬



[PR]
by shiba_yama | 2017-09-13 05:32 | 5years | Comments(10)

"暮らし上手の絶品カレー"





カレーは、インドの味噌汁だと思う。



日本人が毎日味噌汁を飲んでも飽きないのと同じで
インドでは毎日カレーが出るのだと思う。

久しぶりに私の理想とするカレーを見つけた。

a0286855_06220471.jpg





ホールスパイス、玉ねぎ、にんにく、生姜、トマト・・・。

作り方もわが家のスパイスカレーとさほど変わらなかった。



それでも、レシピのまま忠実に作ってみた。

"玉ねぎを茶色くなるまで炒める"

ってことくらいかな・・・いつもと違うのは。

a0286855_06220794.jpg






味見して驚いた。

うまい!!

あえて日本米でターメリックライスを作った。



「ねぇ!おいしいでしょ♪」



実家では禁句の言葉。
父親曰く、作ったヤツは言ってはいけない言葉らしい。
思わず出てしまった。

a0286855_06221059.jpg




"基本のチキンカレー"を作ったら、
隣ページの"南インドのチキンカレー"も試したくなった。



南インドの方は、
プレーンヨーグルトの代わりにココナッツミルクで仕上げてある。

なるほどね・・・
ココナッツミルクを使うと
タイカレーのイメージが強くて私はあまり使わない。

でも、確かに食べてみると
南インドカレーのお店で出てきそうな味だ。

a0286855_06221435.jpg






チーズ入りのナン。
これを作りたくて、食べたくて、
それに合わせてチキンカレーをチョイスしたんだけど・・・



おいしいカレーはやっぱりご飯で食べる方がいい。
と私は思う。

a0286855_06221647.jpg






++++++ 暮らし上手の絶品カレー ++++++

暮らし上手編集部編集
エイ出版社

家族の数だけ、カレーの味があるといわれるほど、カレーにはさまざまな作り方、楽しみ方、味わい方があります。
ルゥで楽しむ人、スパイスから作る人、具材にこだわる人もいれば、
ライスやトッピングをアレンジする人など、好みも実にさまざま。
また、「うちのカレーは手羽元で作るから旨味たっぷり」
「野菜の美味しさをじっくり引き出すカレーが我が家の定番」など、
家庭ごとに“うちの味"があり、人それぞれに美味しいカレーの記憶があるのも魅力のひとつです。
本書はそんなカレーをとことん美味しく、とことん楽しむアイデアやレシピを“暮らし上手"な方々から教えてもらいます。 amazonより抜粋

++++++++++++++++++++++++++++




a0286855_06221967.jpg






申し訳ないけれど、
"有名料理研究家"さんのレシピはそれほどそそられなかった。


+++++++++++++ うちのカレー ++++++++++++

主婦と生活社

味に定評のある有名料理家7人競演の“家カレー"本。
王道レシピに変化球カレー、カレー味のおかずも加えた70品。
amazonより抜粋

++++++++++++++++++++++++++++++++++



a0286855_06222234.jpg





この夏、どれくらいカレー食べましたか?



a0286855_06222545.jpg






捨てるときに創作しない。
残った布は、潔く捨てる。
必要なときに買う。

書類は80%必要ない。
家電の取説はネットで見る。
保証書は切れたら捨てる。

水切りかごはタオルで代用・・・




耳が痛い。
目から鱗だった。

大掃除の前に読むと、
背中押してもらえそうです^^;

a0286855_06222887.jpg





++++++++++++ 少ない物ですっきり暮らす ++++++++++++

やまぐち せいこ著
ワニブックス

月間PV150万超のブログ、「少ない物ですっきり暮らす」待望の書籍化。
大人気のブロガーやまぐちせいこ(愛称:やまさん)初の著書。
やまさんは大分県在住の主婦で、夫と子供2人の4人暮らし。
テーマは今話題となっている物の少ない生活、ミニマリスト。
やまさんは、4人家族でミニマリズムを実践。
やまさんは、いちばん大事な家族としっかり向き合うため「減らす」生活をはじめました・・・

PART1 「ミニマリスト」とモノが少ないメリット
PART2 ミニマリストのインテリア
PART3 ミニマルな炊事と収納
PART4 ミニマルな掃除と洗濯
PART5 少ない服の着回し、1コーデ制服化PART6 家族で少ないもので暮らす

amazonより抜粋

++++++++++++++++++++++++++++++++++++



気づいたら、同じような本を借りていた

a0286855_06223101.jpg





++++++ 普段使いの器は5つでじゅうぶん。 ++++++

江口恵子著
ジービー

普段使いの器は、ひとり5つ(プレート、ケーキ皿、中鉢、飯碗、汁椀)でじゅうぶんです。
使い回しのきく器なら、朝食から夕食、ティータイムまで組み合わせは自由自在。
基本の器に加え、プラスすると便利な器2つと、来客用の器も紹介します。
器の選び方がわからない人、食器棚にぎっしり入っている器の数を減らして、すっきり暮らしたい人へ、
フードスタイリストの江口恵子さんが器選びのヒントをレクチャーします。
amazonより抜粋

+++++++++++++++++++++++++++++++++



"器の数は少なくても何とかなる"


"服も器も使い回せるものを"


"お店で使う器も意外と少ない"



使っていない食器の処分に迷っているときにどうぞ^^

a0286855_06223872.jpg






ルウを使ったカレーライスを最後に作ったのはいつだろう。

以前は一年に一度くらいは食べたいと思ったこともあるが、

今は全く思わない。

今の私にはインスタント味噌汁みたいなものかな。

簡単でおいしいけれど、

やっぱり手づくりの味噌汁がいい。


🐾



🐾

犬ブログ広場 柴犬



2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真


[PR]
by shiba_yama | 2017-08-30 06:39 | others | Comments(8)

"名古屋本"



名古屋在住じゃない人が編集してる感じで
少し新鮮でした^^

a0286855_06173865.jpg



+++++++ 名古屋本 +++++++

エイ出版社編集部
エイ出版社

その街に暮らす人達に読んでほしい名古屋の魅力を深く紹介するガイドブック!
観光を目的としたガイド本やいわゆる人気タウンのガイド本は数多く存在しますが、
本書はそうしたガイドブックとは一線を画した、住人またはそこにいる人に向けた情報誌。
これまでに関東地方の都市を中心に全国で三十数冊展開し、すべてにおいて堅調な販売実績を誇っている、
人気シリーズムックです。食べる、買う、遊ぶ。
そのエリアの特性、ニーズをリサーチのうえ、地元住民やその街に住むことを検討している人たちが、
本当に満足できる、地元の本当にいいものだけを追求して掲載しています。
amazonより抜粋

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



*
*
*


またまた消しゴムはんこ。

a0286855_06174248.jpg



+++++++ 消しゴムはんこ。で年賀状―彫って楽しい、もらってうれしい、こだわりハガキ +++++++

津久井 智子著
主婦の友社

津久井智子のカワイイだけじゃない、
和洋中折衷のキュートでシュールなお年賀、干支ズハン満載の一冊。
はん子とはん吉も登場!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




+++++++ 笑う、消しゴムはんこ。 かんたん、たのしい、おもしろい +++++++

乙幡 啓子著
世界文化社

誰も彫らなかったモチーフがいっぱい! 本書は、かわいくて、ほのぼのする消しゴムはんことは、
ひと味違う“おもしろはんこ"を主役にした消しゴムはんこ本です。
作りながら「くすっ」と笑えて、おもしろいから人に見せたくなって、見せたら「ウケる! 」と言われて、話が弾む!
見たら何か言わずにはいられない。
そんな、「おもしろい」を追及したモチーフ(図案)と、消しゴムはんこのアレンジアイデアが盛りだくさんです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



a0286855_06174949.jpg



ナイスアイデアいただきました。
お年賀に缶ビールをケースで持っていくのだが・・・
ちょうどいい熨斗が見つけられないでいた。
消しゴムはんこ作って自作の熨斗作ろうっと♪

a0286855_06175307.jpg

*
*
*


犬の話が出てこなかったので、おまけ。


買い物から帰ったら、お留守番していたyamato。
慌ててカメラを探した。
撮影中も起きないyamato。
私じゃなくて、泥棒だったらどうするのよ・・・-_-;

a0286855_06175781.jpg



ピンと持ち上がった前肢。
なんか可愛いかった。

a0286855_06180073.jpg

飼い主が帰ったら、尻尾振るとか
私とyamatoの間ではありません^^

*
*
*

今週もどうぞよろしくね。
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
*
犬ブログ広場 柴犬




[PR]
by shiba_yama | 2017-08-21 06:27 | 5years | Comments(10)

犬の本 【犬のしつけ&ハッピートレーニング】





"途中で犬をちらっと見る"


"見ていないけど触っている"


"途中で「ダメ」などと叱ってしまう"




それでは、知らんぷりになっていないそうだ。
それどころか悪化させるとか・・・-_-;

a0286855_08591579.jpg




++++++++ ほめていいコに!犬のしつけ&ハッピートレーニング +++++++++

戸田 美由紀監修
西東社

トイレもハウスもバッチリ、しつけの基本。
ケーススタディ44、愛犬の困った、解消法。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



a0286855_08593802.jpg




私がパートを始めた頃から悪化した、食後の要求吠え。

主が対応すると特にひどかった。

放置していたら、私の時も吠えるようになった。



yamatoの観察力ってほんとに目を見張るものがある。

その能力を何か別のことに使ってくれたらいいのに。


*
*
*


ほぼ諦めていたけれど、やってみた。


吠える→無視する→コマンドを出す→さらに吠える


のような気がしたので、
コマンドを出すのを止めてみた。

こちらの姿も見せない。
一切声を出すのを止めた。


「あれ? もしかして・・・効いてる?^^」


a0286855_08594301.jpg




周りのお友達ワンコを見ていても、
人間が妥協している場合が多い。

人間が妥協すれば、犬はイイコに見える。

確かに迷惑行為はなくなるけどねぇ・・・



とりあえず、そっちが観察力で来るなら
こっちも観察力で応えるよ。


*
*
*


飼い主にかまってもらうためには、どうしたらいいか・・・
起きてる間は、
ずーっとそんなこと考えてるんだよね^^


a0286855_08594701.jpg



*
*
*


ちょっとマイブームだった消しゴムはんこ。
カッターと消しゴムさえあれば作れます。




+++++++ 使いたくなる消しゴムはんこ 毎日がホリデー +++++++


+++++++++++ 消しゴムはんこ。歳時記も。 ++++++++++++



a0286855_08595161.jpg




心を整えたいときは、掃除などに集中すると解消される。

でも、たまにはホリホリ(掘り掘り)もいいな。


a0286855_09000317.jpg




「何を考えているんだろう?」



5歳になっても、
まだまだyamatoのことはわからないことだらけ。


a0286855_09001897.jpg



昨夜は突然雨の音で目が覚めた。
だいぶ降ったのかな・・・
夕方も突然の雷があったし、
落ち着かない天気が続きますね。
どうぞ楽しい週末を☆


*
犬ブログ広場 柴犬




[PR]
by shiba_yama | 2017-08-19 09:17 | 4years

"旅する彫刻"




a0286855_06050062.jpg






モノにも魂が宿る。


a0286855_06050375.jpg






いや・・・モノと言ったら失礼だな。

何年か前、図書館の情報コーナーでチラシを見つけた。
ものすごく興味があったが、その個展はすでに終わっていた。
いつか会ってみたいなぁ。


+++++++ 旅する彫刻 彫刻とそのモデルになった子の物語 +++++++

はしもとみお著
エムディエヌコーポレーション

彫刻家はしもとみおが今までつくった彫刻の写真+エッセイで綴られた初の写真集。
「彫刻」と「彫刻になった動物たちのその後」の暮らしを取材し、彫刻という置き物ではなく、
新しい家族として迎え入れられている風景を撮影しています。
1本の木から生み出された素敵な肖像彫刻や家族の写真とともに、木に生命を吹き込む芸術家はしもとみおの言葉が、
人と動物のつながりでなにが大切なのかを気づかせてくれます。
大好きな動物と暮らしている人に是非見て頂きたいフォトエッセイです。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++


a0286855_06050607.jpg






なんかね・・・とっても素敵な方です。

プロフィール見ていたら、意外なところでご縁があったみたい。

懐かしいことを思い出した。

いつか絶対この目で見てみたいです。



この本を借りたのは、6月だった。
ちょうどその頃、岡崎で展覧会があったらしい。
また見逃した。

年内に名古屋でまたあるそうなので、次こそは行ったるどー!


*
*
*


+++++++ 50歳、おしゃれ元年。 +++++++

地曳 いく子著
集英社

「気がつけば似合うものがない! 」
「何を着たらいいのかわからない! 」
そんなアラフィフたちの切実な悩みに、スタイリスト暦30年の著者が明快に答えます。
雑誌では書けない、目からウロコの読むおしゃれ論。
amazonより抜粋

++++++++++++++++++++++++++++


a0286855_06050998.jpg






"「思い出箱」に数年寝かせて、箱を開けずにさようなら"


記憶に残しておきたい言葉だった。
母の大切にしていた服がまだ数着、箱に入ったまま眠っている。
Diorのジャケットはほんとカッコいいの。
今でも着れそうなんだけど・・・
そろそろ13回忌だし、処分する気になれるかも。


*


"一生ものなんてない。"


なんでこんなもの買ったのかしら。
バーバリーのトレンチコート、カシミアのコート・・・
部屋の中は寒いけど、
外出るときはyamatoがいつも一緒だからコートは要らないの。
名古屋は車で移動するから、コートはまず着ない。
結婚してからは一度も着ていない。
ただ勿体無くて捨てられないだけ。


a0286855_06051246.jpg






+++++++ 信州さんぽ―そよ風に吹かれて歩く清涼風土 ++++++++
(散歩の達人MOOK)

交通新聞社

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



新婚の頃、主人が仕事で通いつめた上田を旅したことがある。
その時に連れて行ってくれた鳥鍋屋さんと焼そば屋さんが
すごく印象的だった。
どちらのお店も忘れられない味だったな。

もう店名も忘れていたのに・・・散歩の達人に掲載されていた。
あまりの懐かしさに、
また上田に行きたくなった。


a0286855_06051566.jpg






信州には、いつかyamatoと行きたい場所がある。
行こうと思えばいつでも行けるのだが、
せっかくの旅だから、いろいろ調べてとびっきりのものにしたい。

a0286855_06051840.jpg



*
*
*


夏の疲れでしょうか・・・連休疲れでしょうか・・・
なんだかやる気が起きません。
カラッと晴れてくれたら、散歩行きたくなるのだろうけど。
またすぐ週末ですね。
ゆるりと行きましょうか。

最近のお気に入りphotoデス。


*
犬ブログ広場 柴犬

[PR]
by shiba_yama | 2017-08-17 06:17 | 4years | Comments(4)

"暮らしのおへそvol.20"



"雀荘に通ったり

釣りに夢中になって

クルーザーに住んでいたことも。

お酒も一升飲んで

タバコも吸って・・・・・・。

猫を飼わなかったら体を壊していたかもね。"




*
*
*


どきっとした。
私のことかと思った・・・笑


(室井滋さんのお話です^^;)
a0286855_06153796.jpg



++++++ 暮らしのおへそvol.20 ++++++

主婦と生活社

20号を迎えた『暮らしのおへそ』。
創刊から10年目となる記念すべき今号は、愛らしいショートケーキが表紙です。
女優・室井滋さんのインタビューを巻頭に、スタイリスト・伊藤まさこさん、写真家・上田義彦さん、
「ヤエカ」デザイナー・井出恭子さんなどが登場し、それぞれの「おへそ=習慣」を語ってくださいました。
amazonより抜粋

+++++++++++++++++++++++++++++


a0286855_06154077.jpg



++++++ &Premium(アンド プレミアム)2016年 8月号 ++++++

マガジンハウス

TO BE SIMPLE シンプルということ。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



++++++ &Premium(アンド プレミアム)2015年 4月号 ++++++

マガジンハウス

HOME WITH TASTE インテリア、どうしよう?

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



a0286855_06154389.jpg



*
*
*


a0286855_06154642.jpg



結婚していなかったら・・・




今頃、何してただろう。
きっと体ボロボロだろうな。


喜んで過労死してそう*^-^*


a0286855_06154991.jpg



自分のために、
体ボロボロになるまでガンバってた私。



今は、
誰かのためにガンバりたいと思う。



誰かのために
健康であり続けたいと思う。

a0286855_06155118.jpg



長生きしていたいとは思わないけれど、
最後まで誰かのために生きていたい。



*
犬ブログ広場 柴犬




[PR]
by shiba_yama | 2017-08-09 06:25 | 4years | Comments(10)

犬の本 【世界で一番美しい犬の図鑑】





+++++++ 世界で一番美しい犬の図鑑 +++++++

タムシン・ピッケラル著
アストリッド・ハリソン(写真)
エクスナレッジ

ベストセラー本『世界で一番美しい猫の図鑑』のカメラマン、著者による至高の犬ガイド
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

a0286855_16163671.jpg






秋田はいたけれど、
柴はいませんでした・・・残念^^;



*
*
*


a0286855_16164022.jpg






+++++++ あした、金沢へ行く +++++++

伊藤まさこ著
宝島社

人気スタイリスト伊藤まさこさんが、金沢を知り尽くした地元の「通」4人とともに、
金沢および周辺の見所を厳選案内。 著者が選んだ名店から、金沢人しかわからない穴場、
オススメメニューをはじめ、季節ごとの街の表情までも紹介。
グルメ、カフェ、お買物、美術、骨董、自然、散歩、そしてホテル情報まで、
幅広く金沢を愉しみ尽くすための一冊です。a
mazonより抜粋

++++++++++++++++++++++++++++


a0286855_16164325.jpg





とびっきりの素敵なお店が次々とテンポ良く紹介されていく。
photoもコメントもこれ以上省けないというほどすてきなチョイス。


東京の下町生まれ&下町育ちの私。
家族で行った旅行は小学生の時の伊豆のみ。
あとは修学旅行の京都&奈良くらい・・・?


東京を出たことなかった私が憧れた街のひとつが金沢だった。


まだ行ったことないけれど・・・


今はyamatoがいるから・・・


いつかのんびり行きたいな。
その時は、是非まさこさんの本をガイドブックにして♪


*
*
*


+++++++ Kippis! from Finland フィンランドの毎日の暮らし +++++++

ユリハリユ 勝美著
宝島社

ヘルシンキから850km!北極圏に位置するフィンランドの村、ラーヌヤルビ。
そこに暮らすユリハリユ勝美さんの人気ブログ「Kippis!from Finland」が本になりました。
ガイドブックには載らない、北欧ののんびり楽しい毎日をたっぷり紹介!
amazonより抜粋
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


a0286855_16164698.jpg






*
*
*

a0286855_16164976.jpg






+++++++ 消しゴムでフランスはんこ +++++++

がなはようこ:ピポン著
飛鳥新社

超かんたん!線をなぞるようにするする彫れる。
可愛い図案400点!雑貨づくりも!残暑見舞いや夏休みの宿題に!
amazonより抜粋

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


a0286855_16165319.jpg






久しぶりに消しゴムはんこの本を借りた。


無性に彫りたくなった!


ちょうど梅雨の時期だったので、
散歩へ行かれない時間はホリホリしてました^^

a0286855_16165632.jpg






*
*
*



プリケツの瞬間って結構短いから、
なかなかカメラに収めるの難しいんですよね・・・


a0286855_16165924.jpg





もっと撮りたいな。yamatoの写真・・・

*
犬ブログ広場 柴犬


[PR]
by shiba_yama | 2017-08-04 16:26 | 4years

"花ごよみ365日"





手入れの行き届いていない(?)畑では、
魅力的な雑草が姿を見せる。


散歩中に畑を眺めるのが私の日課。
ふーん、この野菜ってこんな風に生るのね・・・


小さな花の、その可憐さに
思わず放っておけなない気持ちになる。
a0286855_06143726.jpg







お気に入りの花瓶に挿して、テーブルに飾る。


数日後・・・摘んできたつぼみが
ひとつずつ咲いていく。

a0286855_06144277.jpg







ほんと綺麗だね♪


散歩中はじっくり眺められないけれど、
食卓に飾るといい目線で眺められる。


いつも脇役の"あの子"を主役にしてあげたみたい。

a0286855_06144599.jpg






日々の流れに疲れたとき、
ほっとできる一冊です。



++++++++++++ 花ごよみ 365日 +++++++++++++
: 季節を呼び込む身近な草花の生け方、愉しみ方

雨宮 ゆか著
誠文堂新光社

まいにちの花生けを美しい写真で紹介した本書は、「きょうは何の花が旬だろう?」と
草花の日めくりのように、花を生ける人だけに限らず、花好きへ贈る一冊としてもおすすめ。
巻末に掲載した植物の索引もあり、花への興味を広げる手助けとなるはず。
amazonより抜粋

+++++++++++++++++++++++++++++++++++


a0286855_06144700.jpg







*
*
*


5月31日
●南京あやめ

正式には庭石菖、という名の南京あやめ。
子どものころ土手に咲いているのをよく摘んでは、バケツに入れていた。
思えば私の花生けの原点のような花。

庭石菖:ニワゼキショウ(南京あやめ)/雀の槍:スズメノヤリ
発掘土器・ミャンマー
本文156ページより抜粋


a0286855_06145076.jpg



*
*
*


春から初夏にかけて、道端で新しい顔を見つけるたびに
ついつい手が伸びる。

yamatoとの散歩から帰ると、
その日の雑草たちを水に挿しておく。


私の春の楽しみ。

a0286855_06145397.jpg






とある日のベランダ。


一度摘んでしまうと枯れてしまうと思いがちだが、
それでも、しばらく挿しておくと・・・

a0286855_06145621.jpg






数日後に花開いたり、
お日様に向かって元気に伸びていたり♪


ありえない角度に笑わされた。

a0286855_06145983.jpg





本の中にも似たようなシロツメクサを発見。

シロツメクサは、たっぷりの水に挿しておくとものすごく伸びる。

雑草らしいな。

a0286855_06150274.jpg






12月14日
「箱のなかの雀瓜」



繊細な蔓は、壁にかけずに箱の中に入れる。
時と共に、しずかに、乾く。


365日、毎日、毎日続く、楽しいこと。
毎日とは言わなくても、毎月やってみたら
それだけで日々の暮らしが楽しくなりそう。


*
*
*

a0286855_06150549.jpg





雑草を摘むときの私なりのポイントは、
できるかぎり"新物"を摘むこと。


季節の一番に咲いた子は元気。

数週間経ってから咲き始めた子は枯れやすい。
・・・気がする。


これも蕾を摘んできて、食卓で花開くのが楽しくて
毎日のように摘んでいたら・・・

a0286855_06150819.jpg





虫付きがやってきた@@

蕾の状態でこの虫を取り除こうとすると
花が傷つくのでちょっと残念^^;


a0286855_06151133.jpg


※この本を書いてきてたのは5月初めのこと。そのため、写真に載っている草花は5月のものです。





*
*
*


最低気温:26,0℃(03時/湿度97%)
最高気温:35,0℃(15時/湿度58%)

とにかく木陰を探して歩くのに必死で
草木を眺めえる余裕もない。

今はそういう季節だから。
とりあえず体調管理に気をつけて、
秋がやってくるまでじっと我慢です。

a0286855_06151421.jpg



*
*
*


*
犬ブログ広場 柴犬



2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真


[PR]
by shiba_yama | 2017-07-27 06:37 | 4years | Comments(10)

ビビリな柴犬yamatoと主と家政婦の日々の記録。家仕事の記録やおいしいものの記録もときどき。


by shiba_yama
プロフィールを見る
画像一覧