<   2012年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧

初ドッグラン

それはそれは楽しそうに走っていた。
飼い主的には、ドッグランに嫉妬しそうなくらいの気持ちになった・・・

「『オイデ』ができない子はドッグランへ行かれないかな。」

「とりあえずフェンスの周りから抱っこして眺めるだけね・・・怯えちゃう子もいるらしいから。」

そんな心配をする必要は微塵もなかった。
リードを外すまでにはすこし時間がかかったくらいかな(主の勇気が出るまでに^^;)。
yamatoよりすこしだけお兄さんの柴さんがとても上手に相手をしてくれた。

どうもyamatoはMっ気があるようだ。
最初は柴さんを追いかけていたのだが、追いかけられたいらしく。
「追いかけて!」というようなそぶりをみせていた。
a0286855_9402110.jpg
初日は小型犬用のドッグランだけ試したら帰るつもりだった。
隣の大型犬用のドッグランには、街中でも珍しい大型犬がたくさん走っている。
ドーベルマンやバーニーズが大人の犬らしい激しい遊びをしていた。
yamatoはどう思っていたがわからないが、主の方がさすがにびびった。
a0286855_9581847.jpg
「こっち(大型犬用)で放すのはずっと先だね・・・」

そんなことを言いながら、初日は帰った。
a0286855_9403933.jpg
またしばらくして、今度はできる限り空いている時間を狙って、少し早い時間に行ってみた。
よくしつけの行き届いた大人しそうな犬ばかり・・・今なら行けるかな。

「どうする?放してみる?」

大型の犬はさすがにその大きさに驚いていたが怯えている様子は見られなかった。
この日は成犬の柴さんが相手をしてくれた。
やはり同じ犬種だと遊び方も一緒だから安心できる。
大人の柴らしい対応をしてくれた。
小型犬用ドッグランではyamatoを叱ってくれる犬はいなかったが、
この柴さんはしっかりとyamatoに柴犬の挨拶を教えてくれた。
何度も追いかけっこをしてもらったが、途中何度かyamatoが逃げるそぶりを見せた。

「もしかして・・・ビビってるのか。」

と話していたら、観念したのかお腹を出して倒れた。
少し意外な気がした。
何でも怖がらずに行ってしまう犬かと思い、不安に思っていたからだ。
a0286855_9404214.jpg
「そろそろ切り上げようか」

初日の小型犬用のドッグランでは飽きることなく走っていたが、
大型犬用のドッグランに入れたら、ある程度で走らなくなった。
一日で20頭以上の犬と遊んでもらった。
初めてのドッグランにしてはまぁまぁだろう。
a0286855_9404636.jpg
小型犬用のドッグランでは「オイデ」ができなかったのに、
大型犬用のドッグランへ入れたらすぐにできた。

どうも大人社会を経験して、飼い主の元へ走る喜びを覚えたようだ。
こんなにも楽しそうに走る姿に、また連れてきてあげたくなった。
そして、トレーニングの重要性を飼い主に教えてくれた貴重な経験だった。
a0286855_9405018.jpg
仔犬の相手をしてくれた犬たちに感謝。

[PR]
by shiba_yama | 2012-11-30 10:30 | 4-6months | Comments(14)

仔犬の乳歯コレクション

a0286855_9211427.jpg
「ちょっとだけ見せてね~」

左側の犬歯が上下共に抜けている。
これで威嚇でもしようものなら、それは情けない顔だろうな~笑
この日も歯茎からの出血がないかなどチェックさせてもらう。
a0286855_9211866.jpg
正直、かなり強引。
a0286855_9212611.jpg
子供の頃に飼っていた柴犬は、かなりの食いしん坊で拾い食いなどが多かった。
そのため、何をくわえられても口を開けさせるのは得意である。
でも・・・最近のワンコはそういうことしちゃいけないみたいですね。
ちゃんとマズルを触るトレーニングして、静かに口を開けさせる犬に育てないと・・・。
(私だって歯医者では口を開けるのを嫌だしね。ほんとにそんなことできるのか・・・汗)
a0286855_9213082.jpg
こんな姿を写真に撮るといじめてるようにも見えかねないが、
最後にはご褒美をあげている。
それは・・・歯磨きタイム♪

水で塗らした歯ブラシを歯茎に当てて
人間のように歯磨きしてあげる。
これは初めてのときからそんなに嫌がるそぶりはなかった。
今では歯ブラシを見せるだけで「オスワリ」もしてくれる。
a0286855_9213419.jpg
ある日、食後にチェックしたら左下の犬歯がグラグラしていた。
真横を向いているけれど、根っこがつながっていてなかなか取れない。
いつものように歯ブラシをしてみた。
何かの衝撃でうまく取れることを期待したがダメだった。
a0286855_9212254.jpg
今日は諦めようと最後に「ハウス」をさせてご褒美のチーズをあげた時・・・



手のひらに犬歯がのっていた。
私が仔犬からご褒美をもらったみたいだった。
a0286855_9213814.jpg
あと何本抜けるのかな・・・。

[PR]
by shiba_yama | 2012-11-29 10:04 | 4-6months | Comments(8)

「マテ」の練習

最近「なまける」ことを覚えた。ときどき家政婦をイラッとさせる。

「犬を飽きさせるな。」

と教えられた。
犬がいたずらをしたり、して欲しくない行為をするときはつまらないから・・・だそうだ。

要するに私は「飽きられた」・・・のか!?
a0286855_1439489.jpg
そんなことでここ最近はこのトレーニングを強化している。

「マテ!」

と言いながら、少しずつ離れていく・・・。

お尻が上がりそうになったら、静かに「マテ!」。
試しに隣の部屋へ隠れてみたけれど、そのままじっとしていた。
少し姿が見えないと不安な顔をするけれど、姿が見えた瞬間は尻尾をビュンビュン振っている。
a0286855_1439739.jpg
あんまり待たせすぎたら・・・
a0286855_14391178.jpg
休憩スタイルに入られた^^;
a0286855_14391538.jpg


[PR]
by shiba_yama | 2012-11-28 14:51 | 4-6months | Comments(8)

いいことおしえてあげる☆

ぼくyanatoだよ。

どうして かせいふさんは なんども おなじこというのかな。

「ハウス! ハウス! ハウス!」

いっかい いえば わかるのに。


でもね・・・すぐには やらないんだ。
かせいふさんが くれるおやつは しょぼいんだ。
やりたくない ってかおをすると すこし じょうとうな ごほうびに かわるんだよ。
すごいでしょ。
ちいさくきった じゃーきーが おおきな じゃーきーにかわるんだよ♪



このことは かせいふさんには ぜったい ないしょだよ。
a0286855_1152375.jpg
このまえ チーズをみせてくれたから ハウスしたのに
くちに はいってたのは しょぼい ジャーキーだったんだよ。
かせいふさんも ときどき いじわるするからね。
みんなも あまいことばには きをつけてね。

yamato




[PR]
by shiba_yama | 2012-11-28 11:54 | hitorigoto | Comments(8)

乳歯が抜けた!

朝一番は、おとなしくてトレーニングにちょうどいい。
「オスワリ」、「マテ」、「フセ」、「ハウス」ができたら、
「いい子~♪」と褒めながらマズルを触るトレーニングをする。
歯を触らせるトレーニングをしていたら・・・ポロッと何かが落ちてきた。

「歯だ・・・。」
a0286855_15185656.jpg
口の中は血で真っ赤になっていた。
とうとう乳歯が抜け始めたんだね・・・
必死にガムを噛んでいたのも理解できた。

仔犬の乳歯ってすごく小さいの。
中はスカスカで薄いのには驚いた。
こんなショボイ歯に噛み付かれていたのか・・・笑

次の日には、もう同じ場所から永久歯が生え始めていた。

[PR]
by shiba_yama | 2012-11-27 15:27 | 4-6months | Comments(10)

動物愛護センター

a0286855_13291943.jpg
a0286855_13292389.jpg
a0286855_13292757.jpg
a0286855_13293242.jpg
a0286855_13293669.jpg
a0286855_13294069.jpg
a0286855_13294495.jpg
a0286855_13294821.jpg
a0286855_13295482.jpg
a0286855_13295821.jpg
a0286855_1330157.jpg
a0286855_1330659.jpg
a0286855_13301017.jpg


[PR]
by shiba_yama | 2012-11-27 13:31 | others

すごくねむいよ。

ぼくyamatoだよ。

おやすみは おおきなこうえんへいったよ。
すごくたくさん はしったんだよ。
もうねむくて ねむくて おきていられないよ。
a0286855_13195737.jpg
ごしゅじんさまたちは じゅーじゅーと なにか つくってるみたい。
a0286855_1320353.jpg
ぼくのごはんじゃないから きょうみないよ。
a0286855_1320742.jpg
だから もうすこし しずかにしてて。

yamato



[PR]
by shiba_yama | 2012-11-26 13:27 | hitorigoto | Comments(14)

犬のブロマイド撮影

「マテ」はいろいろなトレーニングの基本。
最近はこの「マテ」が長い時間できるようになった。
手の甲におやつをのせて、待つ練習もできるようになったの・・・^^;
そんな結果撮れるようになった写真がコレ。
なんか運転免許証の証明写真みたい・・・
a0286855_9441379.jpg
こちらはトレーニング前の撮影。
テレビを観ている姿をそっと撮ったもの。
a0286855_944164.jpg
動きが激しいときはカメラ目線を撮るのは至難の業だった。
a0286855_9442080.jpg
「アイコンタクト」のトレーニングができるようになったら、
いろんな表情が撮れるようになった。
a0286855_9442873.jpg
こちらはブロマイド風♪
a0286855_9442490.jpg







訪問およびコメントのお返事遅れて申し訳アリマセン。
[PR]
by shiba_yama | 2012-11-24 09:55 | 4-6months | Comments(10)

"引き車"で遊ぶ仔犬

今の家政婦の大ヒットはこれです。
(動画でも撮ったけどUPの仕方わからない・・・)
*
*
*
歯がかゆいせいか、何でもよく噛む。
すでにいくつかのおもちゃが使用不能になった。
買うのもなんだから家にあるものでいろいろ試してみる。
これはドイツかフランスで買った馬の引き車。
アンティークな色合いに変色してるし、yamatoにあげることにした。
木のカタカタという音と動きがたまらないみたい・・・
a0286855_953652.jpg
まずはオスワリさせて、私が引き車を引っ張っているところを見せる。
猫にマタタビ状態と言っところだろうか・・・スゴイ興奮状態になってきた。

「ヨシ!遊んでいいよ。」

噛み付きそうな勢いで飛んでいくが、近くまで行っても直接は触らない。
突然襲ってくるとでも思っているんだろうか。
常にお腹を床につけて低姿勢で様子を伺っている。
a0286855_955272.jpg
そのうち、引き車の周りをくるくると回り始めた。
かなりの興奮状態だが、噛み付く様子もないのでもう一度紐を引っ張って見せてあげる。
a0286855_9492.jpg
恐る恐るだけど紐の先をくわえた。
そして、少しだけ引っ張った。
飛んで私のほうへ逃げてきた。
(自分が動かしたのではなく、木馬が勝手に動き始めたと勘違いしてる・・・笑)

「大丈夫だよ!怖くないから行ってごらん。」
a0286855_941357.jpg
すると・・・すごい勢いで引っ張り始めた。
2畳ほどの限られたスペースの中を引っ張りながら回っている。
ちょっと怖いけど・・・むちゃむちゃ楽しい!! そんな感じ。
そして、スピードが出すぎて、引き車が倒れた。
a0286855_941639.jpg
動かなくなった引き車をじっと見つめて待っている・・・

しつけの上で、「お気に入りのおもちゃbest5を把握すること」というのがある。
でも、この引き車は興奮し過ぎるからしつけには向かないかな~笑
a0286855_942125.jpg

a0286855_942584.jpg


[PR]
by shiba_yama | 2012-11-22 09:34 | 4-6months | Comments(16)

「ハウス」したくない・・・

我が家では夕食が終わると、寝る前の排泄をさせる。
排泄後のトレーニングがよくできると"ごほうび"に、
少しだけひざの上に乗せたりして遊んであげる。
その後は、「ハウス」の掛け声でクレートへしまっておやすみさせる。

「あれ!? なんか体を硬くさせた気がする・・・抵抗してるのかな。」

そんな日が数日続いた。
クレートトレーニングでやってはいけないことに「無理に押し込む」というのがある。
今まで一度も無理に押し込んだことはない。
でも、このままでは無理に押し込まないと入らない・・・どうしよう。
a0286855_94541.jpg
なんで突然できなくなっちゃったんだろう・・・

「無理に押してないよね?」

「うん・・・それはやってない。」

ハウスは楽しいところ。好きなところ。落ち着けるところ・・・
でも、それ以上に楽しいことを覚えると入りたがらないこともある・・・


「まさか・・・」

「それなら、なんとなく心当たりも・・・」

ひざから降りてしまって、部屋を走った。
"飼い主に追いかけてもらうと楽しい"・・・そんな遊びを勝手に覚えた気がした。
a0286855_95267.jpg
もちろん部屋で放すのはすぐに中止した。
日に日に「ハウス」を怖がり始めて、おやつを入れても入らなくなった。
クレートの裏の穴からガムなどを刺し込んで奥へ入るように誘導したり・・・
クレートは楽しいゲームをする場所・・・言わんばかりにとにかくいろいろやった。


お互いの根気比べが続いて1週間位した頃かな。
ようやく自分から入って行った。
なんであんなに嫌がったんだろう・・・


それでも笑えるのが、それだけ嫌がっていても入ってしまうと5分と立たないうちに静かに寝る。

「そんなに素直に寝るなら、なんであんなに嫌がるの?」

もっと遊びたいってメッセージなのかな。
飼い主的には、もっと他のトレーニングもさせたいところなのだが、
いっぺんに覚えさせるのは余計に難しい。
a0286855_95676.jpg
あれだけ悩んだが、今はだいぶ素直に入るようになった。
どんなトレーニングも続けることが大事なんだな・・・とつくづく感じる。
最近「オスワリ」もしたくなさそうにすることがある。
きっとこんなのも飼い主に対して出てきた「甘え」だろう。


[PR]
by shiba_yama | 2012-11-21 09:33 | 4-6months | Comments(14)

柴犬yamatoと飼い主の日々の記録。


by shiba_yama
プロフィールを見る
画像一覧