カテゴリ:10-11months( 59 )

犬の本【室内犬の飼い方・しつけ方】

「ぼくは、部屋じゃなくてトイレで排泄するようにして欲しい。」

「どこにトイレシート置くの?」

「便器の前とか・・・」

「そんなところに犬のトイレがあったら邪魔じゃない? それに誰がトイレのドアを開けるの?」

「(犬が)自分で・・・」

「無理に決まってるじゃん・・・-_-;」

「今まで室内で犬飼ったことある?」

「ないよ・・・」


 *
 *
 *

子どもの頃、私は祖父宅のトイレの扉を開けて悲鳴をあげた。
洋式便座の上で見たこともない猫が用を足していたのだ。
その猫は、自分でトイレの扉を開けて洋式便座の上でまたいで用を足すようになったらしい。
祖父はいつも捨て猫を溺愛していた。
どんな猫もアリエナイ行動を取る。今なら間違いなく珍百景だ・・・。
でも、そういう行動は飼い主の深い愛情から生まれるものだと思っている。
私にはそんな自信・・・まったくない。
a0286855_9544656.jpg
それでも(主にそんな馬鹿げた要望を言われながらも)
室内トイレだけはなんとか成功してるかな・・・
(パピーの頃はできたけど、1歳くらいになったら外でするようになった・・・とよく耳にするので我が家も同様に期待半分だったが、
今のところはどっちでもできるようには成長している・・・気がする。)


いつもトイレシートの使い方は間違ってるけどね^^;
一枚だけ正しい使い方をしている写真があります。
a0286855_9551451.jpg
【室内犬=室内を自由にしている犬】と言うイメージだが、
我が家ではまだ自由にはさせていない。
飼っている犬の性格とこれからの我が家の環境を考えて、そう決めた。
今のところ、犬の自由になる時間とそうでない時間はわけている。
2歳くらいになり、私のコマンドにしっかりと従えるようになったら少しずつ自由を与えるつもり。
a0286855_9551820.jpg
+++++
室内犬の飼い方・しつけ方
矢崎 潤著
西東社
+++++


矢崎さんの「犬のしつけきちんとブッグ」シリーズはすべて読破したかな。
犬を飼うのが初めてではないからある程度の自信はあったが、そんな自信一瞬で消えた。
庭飼いと室内飼いは、全く別のものだった。
意外と知らないことだらけ・・・

初めて犬を飼う人には写真つきでとてもわかりやすい。
何かと参考になった1冊です。
a0286855_9552487.jpg
無鉄砲なことを言ってた主も、yamatoのしつけを目の当たりにして言うことが変わった。

「トイレシートをどこに置いても、そこでするようにさせたいな。・・・躾けて!とは言わなくなった^^;笑

[PR]
by shiba_yama | 2013-10-04 10:32 | 10-11months | Comments(14)

【育犬日記】生後11ヶ月の記録

a0286855_1655349.jpg
【11months~】体重7,8kg。
 首周り(28cmくらい)、胴回り(42cmくらい)。

*食餌:
 2回/1日。下記の基本ベースにドライフード30~50g足す。
 1cup強/1回(手づくりご飯)。さつま芋、鶏ささみ(or胸肉)、雑穀ご飯、おから、
 野菜(キャベツ、人参、ブロッコリー、料理で出た皮や軸なども。)、煮干、鰹節、ひじき。
 毎朝のヨーグルト大さじ2とエビオス1食に付き1錠は相変わらず続ける。
*排泄:
 排尿は3~5回/日(基本は起きてすぐ/午後の散歩前/夕食前の3回)
 排便は2回/日(朝食後と夕食後の2回)
*散歩:朝60分/午後60分
 ※主が痛風のため散歩は家政婦ひとり。
 梅雨の時期だったので突然行かれなくなることを考慮して朝晩基本60分ずつにした。
 実際は雨で散歩へ行かれない日はほとんどなかった
*体のこと:一歳の誕生日を目途に定期健診
 フィラリア検査&予防薬→陰性だった
 虫下し検査→陰性だった
 去勢手術の相談→去勢手術することに決めた。翌月に予約を入れる
 フロントライン、体重が少なくないか→もう少し食べさせてもいいかも・・・。

+++悩んだこと+++
*吠えグセ
 物音に敏感になり、時々吠えるようになった(マンション内の足音、ドアホン、携帯、家電話、人の声など)
 →ボールを投げたり、コマンドを出して注意を逸らす。
 排泄の前、外で他の犬と遊ぶ時など、大きな声で吠えることを覚えた。
 時と場合によって臨機応変に対策を考えなくちゃ。
*要求吠え
 吠えグセとは別に悲しそうに鳴く"要求吠え"が時々出る。
 成長と共になくなると思うがまだ丁寧に接する必要がある時期のようだ。 
*痩せすぎ→毎食の手づくりご飯にドライフードをひとつかみ足した。
 2週間で体重500g増えた。体重8kgになるまで続けるつもり。
*薄毛→病院からはサプリメントを処方されたが効き目は定かではない。
 レバーなどを多く摂取させたりしてみて様子を見る。
*毎朝のブラッシングを習慣化した頃から、走ったりして興奮した時に腕などに噛み付くようになってきた。
 甘がみ復活か?!興奮を抑えるか、上手く交わしたりして、とにかく噛ませないようにした。
*夏の間のシャンプー頻度は3weeksかな。
 →雨の日は散歩へ連れて行ってないが、それでも肉球が汗をかくためか3週目くらいから時々臭うようになった。
*シャンプーの時、シャワーから逃げるようになった。
 毎朝のブラッシング時に服従する時間を定期的に続けることにした。これで少し良くなったかも・・・。
*散歩中の「フセ」を嫌がるようになった。
 反抗期のようなもの!?とにかくとっておきのオヤツを使ってでも、1回はきちんと「フセ」する習慣をつけることにした。
*散歩中に携帯が鳴ると、喜んで飛びついてくるようになった。
*ちょうどこの1ヶ月間が梅雨と重なった。散歩の計画が立てづらかったが、
 これをきっかけに突然散歩へ行かないこともあるということも体で覚えたようだ。
*シャンプー、ブラッシングなど少しずつ抵抗することを覚えたようだったが、容赦なく続けた。
 かわりのご褒美(走ってあげる)やオヤツはとびっきりのもので。ブラッシング時に服従トレーニングを強化した。

+++できるようになったこと+++
*長いこと小さいクレートに入らなかったが、ある日突然入ってくれた。
 車に乗ったら楽しいことがある。というのをようやく覚えたのか。信じてトライしてみて良かった。
*散歩で上りたがらなかった坂道も楽しそうに歩くようになった。
 散歩中走る時間を作り始めてからかな・・・。楽しくなかった散歩が楽しいものに感じているようだった。
*夕方の散歩が暑さのため遅い時間になったことによって、オシッコを我慢させる時間が長くなることが増えた。
 時間に関係なく散歩まではオシッコを我慢させてみることにした。
*新しく柴犬♂の友達ができた。初めての日はガウられたが、頻繁に会っていたら慣れた。
 生後6ヶ月の時に去勢済みのコで、♂らしい強さはなく穏やかに遊べる。仲良くできた柴♂の友達は初めて。
*天候が悪くない限り、毎日のブラッシングを続けたらほとんど抜けなくなった。抜け毛のストレスも減った。

【育犬日記】生後2ヶ月の記録→

【育犬日記】生後3ヶ月の記録→

【育犬日記】生後4ヶ月の記録→

【育犬日記】生後5ヶ月の記録→

【育犬日記】生後6ヶ月の記録→

【育犬日記】生後7ヶ月の記録→

【育犬日記】生後8ヶ月の記録→

【育犬日記】生後9ヶ月の記録→

【育犬日記】生後10ヶ月の記録→




More
[PR]
by shiba_yama | 2013-09-20 15:01 | 10-11months

最近の悩み・・・薄毛

あぁこの谷間が懐かしい・・・。



まさかね・・・



柴犬は毛が多いイメージだったのに・・・


太りすぎて困っても、痩せすぎで困るとは思わなかった・・・
こんなことで悩むなんて想定外だった。
a0286855_10193737.gif
正直・・・時々涙が出そうになる。
"ふびん"でね。
でも・・・本犬いたって元気。

つい数ヶ月前までこんなにフサフサだったんだよね。
柴犬らしく見えるもの。
a0286855_10194119.jpg
突然毛の質が変わり始めたように感じた。
周りは「こんなもんじゃない。大丈夫だよ。」と言ってくれるけど・・・



まぁ贅沢を言ったら罰が当たる。
私が願っていたことの中に、「薄毛になりませんように」なんてなかったからさ。
a0286855_10194678.jpg
2ヶ月前のフサフサの写真を眺めながら現実逃避してみた。
a0286855_10195480.jpg
皆さんは七夕の夜に何をお願いしますか。




薄毛だろうと、ガリガリだろうと、ヤンチャだろうとみんなの笑顔があればそれでいい。
皆さんの願いがお空に届きますように・・・。

[PR]
by shiba_yama | 2013-07-06 10:28 | 10-11months

柴犬の変顔 vol.7

アザラシではありませぬ・・・
a0286855_122761.jpg
服従トレーニング中に寝てしまった柴犬です。


[PR]
by shiba_yama | 2013-07-05 12:30 | 10-11months | Comments(22)

【育犬日記】生後10ヶ月の記録

a0286855_118694.jpg

【10months~】
体重7,0kgちょっとくらい。計ってないから正確にはわからない。
 首周り(27cmくらい)、胴回り(41cmくらい)。相変わらず背骨から尻尾にかけて骨がゴツゴツ出ている。

*食餌:2回/1日。生後6ヶ月から変わらず。
 1cup強/1回(手づくりご飯)。さつま芋、鶏ささみ(or胸肉)、雑穀ご飯、おから、
 野菜(キャベツ、人参、ブロッコリーなど料理で出た皮や軸など。)、煮干や鰹節。
 毎朝のヨーグルト大さじ2とエビオス1食に付き1錠は相変わらず続ける。
*排泄:
 排尿は3~5回/日(基本は起きてすぐ/午後の散歩前/夕食前の3回)
 排便は2回/日(朝食後と夕食後の2回)
*散歩:朝30~40分/午後60~90分※主が痛風のため散歩は家政婦ひとりになる。
重視したトレーニング:特にはやらなかったが、
◆散歩中に走る時間を作る。犬が楽しむ時間を加えることにした。
 →走る前はアイコンタクトで号令を出してから。場所と時間は飼い主が決める。
◆食餌を手で与える。お皿はすぐに取り上げ騒がせない。
 →食餌中にまだ興奮するのでしばらくは続けるつもり。

+++悩んだこと+++
*落としたものを食べないトレーニングは成功するが、食後床の掃除をするのが習慣になってきた・・・笑
 食事中は拾わないが、食後に拾ってるだけ!?汗
*食餌が終わりいつもならすぐに排泄するのだが、その前に床の汚れがないかチェックするようになった><
 どうも先に掃除をしないと落ち着かないみたいだ。床を舐めないように教える必要あるか!?
*(10ヶ月入ってすぐの頃)1日だけ激しい要求吠え(→キュンキュン鼻を鳴らす)が続く日があった。
 休日に留守番させてふたりで出かけたからか!?春で何か抑えられない欲求でも出たか!?
 P.M.7:00~A.M.2:00くらいまで10~20分おきに「キュンキュン」続いた。
 その後1週間くらいは1日に数回鼻を鳴らすことがあったが
 とにかく無視していたら(鳴くタイミングを与えないでいたら)消えた。
*何かを取りに行くと褒められる=散歩中に葉っぱやゴミを銜えると褒められると勘違いし始めた。
*散歩中交差点などで「フセ」のコマンドを出すとアクビをするようになった。
 アクビをすることが癖にならないようにしそうなときはコマンドを出さないようにしてとりあえず続けた。
*とにかく抜け毛が気になった。
 →毎日少しずつブラッシングする習慣を始めた。
 →シャンプーでは今までで最も抜けた。痒がり始めたが毎日のブラッシングで痒がるのが減った。
*悩みが減ってる気がする・・・とてもいいことに思えるが、それと同時にできることも減ってきた気がする。
 トレーニングも減っている証拠かな・・・@_@

+++できるようになったこと+++
*わざと嫌がるように掃除機をかけても反応することが減ってきた。
 クレートの中にいるときは、その周りを掃除機かけててもそのまま気にせず寝てる。
 クレートに入ってるときの落ち着きはさらに増してきた。
*少し強そうな♂柴とドッグランで会うことが重なったが、自分からは近寄らなかった。
 うまく逃げて交わしていた。同じくらいの月齢の柴とは♂♀関わらず上手に遊べるようになった。
 (それまでは大型犬ばかりだった・・・^^;)
*芝生で遊ぶときに、ボールを投げてみたら喜びながら取りに行くようになった。
 持って来たらとっておきのご褒美をあげていたら、ボール遊びが好きになった。
 このまま続けたら、呼び戻しのトレーニングも始められるかも。
 犬にとって魅力ある声の出し方が必要な気がしてきた。
*朝なかなか排泄しないときにトイレシートのニオイを嗅がせたら、するのが早くなった。
*散歩中に坂道(上り坂)や芝生で走る時間を作るようにしたら、走る喜びを覚えたようだ。


【育犬日記】生後2ヶ月の記録→

【育犬日記】生後3ヶ月の記録→

【育犬日記】生後4ヶ月の記録→

【育犬日記】生後5ヶ月の記録→

【育犬日記】生後6ヶ月の記録→

【育犬日記】生後7ヶ月の記録→

【育犬日記】生後8ヶ月の記録→

【育犬日記】生後9ヶ月の記録→




More
[PR]
by shiba_yama | 2013-07-05 11:32 | 10-11months

柴犬の変顔 vol.6

a0286855_9263038.jpg


[PR]
by shiba_yama | 2013-07-04 09:28 | 10-11months

ちゃんとぼくを見てて。

天気予報では終日雨マークが続いた、とある日。
yamatoのご飯&排泄を済ませ、
家政婦はいつも通り朝の掃除&片付けなどをする。
yamatoはその間お昼寝タイム・・・。
普段は夕方の散歩までそのままクレートで寝ていることもある。



「yamato~ちょっと遊ぼうか♪」


あまりに突然なことで慌てるが、いつも通り体をストレッチさせている。
散歩へ行くときと同じように排泄を済ませ、リードをつける。
そして、そのまま部屋へ放す。

「えっ!?」

どうしたらいいかわからず少しキョトンとしてるyamato。
いつもはひとつずつしか遊べないぬいぐるみを一気に投げる・・・♪
a0286855_944743.jpg
くわえたら、まずは噛んで音を鳴らす・・・、
振り回す・・・、独り占めして・・・ガウガウ・・と喜ぶ・・・




と思ったら動きが止まった。
なにやらガラスに映る自分と私の姿に驚いてる。
a0286855_9441177.jpg
パピーの頃なら間違いなく吠えてるな・・・笑
ほんとは怖いくせに。
a0286855_9441580.jpg
何かに集中し始めたら、他のおもちゃを与える。
a0286855_9441874.jpg
独り占めしようとしたら、放させて褒める。
a0286855_9442144.jpg
また投げる。
a0286855_9442522.jpg
私もちょっと面倒になると、その場を離れる。
しばらくすると、ピタッと遊んでいる音が止まる。
a0286855_944295.jpg
「ハイ、ハイ。ちゃんと見てますよ・・・-_-;」
a0286855_9443447.jpg
ガムを噛む時、おもちゃで暴れるとき・・・
まだ見てて欲しい頃らしい。

[PR]
by shiba_yama | 2013-07-02 09:57 | 10-11months | Comments(14)

犬の本【犬声人語】

a0286855_947967.jpg
a0286855_9471285.jpg
a0286855_9471732.jpg
a0286855_9472115.jpg
a0286855_9472528.jpg
a0286855_9472991.jpg
+++++
犬声人語
神沢 礼江
アスペクト
+++++

ひとり暮らし10周年を迎えた戌年の春。年女の私の脳裏に、ある計画が閃いた。
「戌年生まれの子犬を飼おう!」 出向いたペットショップでオナカを見せた子犬を購入。犬と猫とヒト、3人の生活イラスト&エッセイ by amazon.co.jp
a0286855_9473348.jpg
著書の中に犬の「お友達相関図」というのがイラストつきで描かれていた。
yamatoもここ2ヶ月くらいでようやく犬の友達ができた。
我が家の「犬友相関図」作りたいな。

[PR]
by shiba_yama | 2013-07-01 09:53 | 10-11months

意味不明な行動・・・

朝食を終え、昼寝に入る前のひととき。
体の身だしなみを整え、サークルに飛び散ったご飯を自分で片付ける。
軽く水を飲んでお口をすすぐ・・・

そこまではyamatoが自分でやる。
a0286855_9531894.jpg
食後はハミガキ代わりに布やロープを噛ませる。


なぜそこに入ってる・・・?
ふだんはご飯などの要求のときしか入らないくせに。
a0286855_94962.jpg
「yamato~ハイ、おうち帰ろうね~」
a0286855_1011335.jpg
最近、「オイデ」というと逃げるのが定番になってきたぞ・・・汗

[PR]
by shiba_yama | 2013-06-29 10:06 | 10-11months

犬の本【犬のこころ-犬のカウンセラーが出会った11の感動実話】

「子どもがどんなに嫌がったとしても、我が子のお風呂や爪切りや耳掃除を他人に任せたりするでしょうか。
子どもがお酒やタバコをどんなに欲しがったとしても、体に悪いとわかっているものを与えるでしょうか・・・」

私には衝撃的な言葉だった。
犬だから・・・ペットだから・・・。


どんな風に犬を飼いたいか、どんな犬にしたいか・・・
それは飼う人それぞれが決めること。
答えはどこにもない。自分の心の中にある。
私も犬を飼い始めた最初の数日はほんとに悩んだ。
後に戻れない責任感でいっぱいになった。
どのように飼いたいかというものがしっかりとしていなかったから・・・
a0286855_932246.jpg
+++++
犬のこころ-犬のカウンセラーが出会った11の感動実話
三浦健太著
角川書店
+++++

犬の飼い方を指導して18年になる著者が出会った、飼い主と愛犬の心温まるエピソード集。
犬を愛する人なら、涙なくして読むことはできません。 amazonより


 *
 *
 *

主人が犬を飼いたいと言い出したときは、
「柴犬のシャンプーはマンションではできません(したくない)。トリマーさんに頼んで。これだけは条件だからね。」
と自然と返していた。
実際に飼い始めてすぐトリマーさんに抵抗するyamatoを見て、考えは変わった。
いくらパピーとは言え、トリマーさんにも失礼がないような犬にしなくちゃ・・・
何よりもトリマーさんにも可愛がられる犬にしてあげたかった。
他人にお願いするのは、抵抗しない犬になってからにしよう。

 *
 *
 *

なんかそんなことを考えてた頃もあったな・・・と懐かしいことを思い出した。

仔犬の引っ張りグセを治す方法についても面白い話があった。
私もその頃、一生懸命マニュアルに従って治そうとしたが、
結局治ったきっかけは、yamatoの声(気持ち)に耳を傾けた瞬間だったような気がする。
a0286855_9334314.jpg
11の感動実話はほんとに自然と涙が溢れたが、
それと同時に、著者の熱い犬に対する思いが感じられた。
いろいろと考えるきっかけを頂いた。
もし犬とのかかわりで落ち込むことがあったら、またいつか読んでみたいな・・・。
a0286855_9335125.jpg
初シャンプーした生後3ヶ月のyamato(写真)。
初めて外を歩いた頃かな・・・。

「足関係、顔のシャワーものすごく嫌がりました。」

あの時はトリマーさんのメッセージがズシリと重かったが、
今はそのメッセージを宝物のように大事にしている。

[PR]
by shiba_yama | 2013-06-27 09:58 | 10-11months | Comments(20)

ビビリな柴犬yamatoと主と家政婦の日々の記録。家仕事の記録やおいしいものの記録もときどき。


by shiba_yama
プロフィールを見る
画像一覧