犬の本 【愛犬のための手作り健康食】

西洋医学ではなかなか根治できないアレルギー性皮膚炎。
現在の対応法としては、
洗浄療法、
痒みを止める薬物療法、
皮膚の乾燥を防ぐ保湿剤塗布、
室内を頻繁に掃除する・・・。


根本的に治す方法はない。
しきりに舐めたり、かいたりするので、見ている方も辛い。


「私の経験の範囲では、ほとんどのイヌが二つの大きな原因を抱えていて、
それを解消することで薬物に頼らなくても生活できるレベルまで改善していきます。
その原因とは、腸の調子がよくないことと、たんぱく質の体内処理がうまくいっていないことです。
中国医学では、皮膚と腸はつながっていて、長にトラブルが生じるとそのサインが皮膚に現れるといいます。
ヒトでも、便秘になるとお肌が荒れるのはそのため。また、たんぱく質は消化吸収された後、
不要になったものは泌尿器系を通して排泄され、補助的に皮膚からもはいせつされます。」本文より抜粋


*
*
*


yamatoが3ヶ月の頃から、手づくりご飯をあげている。
ドックフードを与えていないのは、
yamatoに合ったフードが見つけられなかったから。
今では季節ごとに体に合うレシピを作れるようになった。


見た目にカッコいい柴犬にさせたいな・・・
と飼い主としての欲望も出てきて、
少し前からyamatoのご飯に市販のドライフードを混ぜて
体重コントロールをしていた。

500gくらい増えた。
粘液便も出なくなりシメシメ^^と思っていたのだが。


今までになく、お腹や足を痒がるようになった。
たぶん初めての皮膚トラブルだ。
今まで季節の変わり目に乾燥する程度はあったが、
これはいわゆるアレルギー性のものだろう。
なんとなく勘。


そんな時にこの本に会った。
もしや・・・市販のフードか?


いやいやそんなはずはない。
何年も食べさせたわけではない。
5年の犬生でせいぜい3kg~5kg程度だ。


人間に比べると犬は野生に近いし、
本来の自然治癒力というものを持っている生き物だ。


排毒、半断食、東洋的治療感、医食同源・・・
まずはできることだけ。
自分の考えと合うものだけ。
ひとつずつ実践してみようと思う。

a0286855_06151035.jpg

+++++++ 新装版 かんたんで経済的!愛犬のための手作り健康食 +++++++

須崎 恭彦著
洋泉社

イヌの世界も医食同源!手作りレシピにするだけで、
元気で長生き、おだやかで賢い、愛犬に生まれ変わります。
病気知らずの子にする犬ごはん。

++++++++++++++++++++++++++++


2002年にも出版された本だ。
手づくりご飯の先駆け的存在だったのだろう。
興味のない人には難しい本だろうけれど、
愛犬の治療にどこか疑問を持っている人にはひとつの光になるかも知れない。


*
*
*


雨の週末、わが家のご飯。
散歩の時間の代わりに朝食に時間を費やした。
主のリクエストで、わが家は大粒納豆を食べる直前に叩く。

a0286855_06151329.jpg

この日のyamatoへのおすそわけは、
納豆ときゅうりと味噌少し。
yamatoの分も消化しやすいように潰してあげた。


*
*
*


セロリは朝食用のスープに入れていたが、
yamatoのご飯にも入れることにした。
スープで働きを終えたクタクタのセロリの葉っぱを
オヤツ代わりにあげたら喜んでいた。
本を読んでいたら、食べさせたい食材がいっぱい出てきた。

a0286855_06151702.jpg

きれいな便が出ていれば安心だと思っていたが、
体に不要な老廃物は尿として体から排泄される。
尿の色が黄色くなったら危険信号・・・
健康な尿は透明に近い。


まだ断食は実践していないが、
適切な排尿のために私もくず湯をあげてみた。
すごく喜んで飲んだ。
濃いオシッコも出なくなった。
きっと体に溜まった老廃物は出て行ってくれただろう。

a0286855_06152194.jpg

人間の片栗粉は、スーパーで一袋100円だ。
結婚当初は私もくず粉を使っていたが、
今は経済的な理由で買わなくなっていた。

a0286855_06152350.jpg

なんか笑える。
お犬様に吉野本葛700円。


犬のおかげで、
私たちまで体にいいことができそうだ。

a0286855_06152678.jpg
*
*
*

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
*
犬ブログ広場 柴犬







先日、行ってきたカレー屋さんの話。

a0286855_06152923.jpg

たまたま借りてきたdancyuに"南洋の父"のことが掲載されていた。
行きたいと思いつつも、
遠いのでまたいつかでいいか・・・と思っていた。
主にこのページを見せたら、
すぐに行きたくなったようだった。

a0286855_06153211.jpg

「祈りが力になることは、複数の研究機関が認めている。
抗癌剤治療も今回は効いた。奇跡が起こった。癌細胞は消え、3ヵ月後に退院。
その約1年後、友人の協力を得て、知多半島の海辺に新しい店が完成した・・・」
本文より抜粋



生き物が本来持っている自然治癒力。
信じること。
諦めない気持ち。

a0286855_06153552.jpg

決して立派な柴犬とは言えないが、
あの頃の姿を思えば今は美しすぎる。
*
*
*

昨日はお天道様の元でお布団を干して冬布団に入れ替えた。
パリパリのリネンに包まれて温かい朝を迎えました^^;

今日からまた雨ですね・・・
昨日はへとへとになるほど散歩を満喫したので、今日は終日寝ます。
あっyamatoがね。
家政婦は断捨離に集中できるかな^^;
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
*
犬ブログ広場 柴犬


[PR]
Commented by いけかな at 2017-10-19 12:10 x
手作りご飯、何年もずっと続けているのだからすごいと思います。
私はマメじゃないから無理かも…頭が下がります。

しかしその甲斐あって、yamatoちゃんも立派な柴犬に育ちましたね!

片栗粉、こだわると高~い!
でも健康にはすごくよさそう。
一緒に健康管理出来てばっちりですね。
Commented by mana at 2017-10-19 12:50 x

こんにちは♪

深い愛情を感じます。
確かに人間も同じ。
腸は第二の脳って言いますしね。
歳を取って、私もいろいろと気を付けるようになりました^^;

朝ごはん 美味しそう~ (*´ω`*)
うちは夫も私も朝ごはんを食べないから
なんかいいな~と思いました。
シアワセな時間。
Commented by amanojyako123 at 2017-10-19 14:12
yamatoも大事な家族だから(^-^)出来ることはしてあげたいよね~解るわ♡
 でも sibaーyamaさんの手作りは もの凄いわ~
yamatoは幸せ♡

 我が家のワンコも納豆が大好き
1パックはペロンッって食べちゃうと思うわ(1パック上げたことは無いけど^^;)
 母も私も大粒納豆が好きなんだけど 小粒とか挽き割りの納豆の方が 表面積が広い分 納豆菌が多いって知ってからは 挽き割り納豆を買うようにしましたが(^^;)
色々なことで葛藤がありますね~食べ物に関しては凹

 yamato 早く皮膚が痒くなくなりますように♪
Commented by shiba_yama at 2017-10-19 15:20
**いけかなさま**

こんにちは。
毎日のことなので、慣れました。
ドライフードに戻して、お腹壊されるより
ご飯作ったほうが身も心も安心です。
いろいろあったけどね・・・
今はおかげで人間も食生活を
見直すきっかけになりましたよ。

私、薄味のお出汁で炊いたものが好物でした。
ちょっととろみをつけるときは、
葛を使っていたのですが・・・
コストを考えて片栗粉に変更しました。
そんなこと忘れていたんですけどね・・・
yamatoのお腹が調子悪いときに思い出しました^^;
Commented by shiba_yama at 2017-10-19 15:20
**manaさま**

こんにちは。
体の毒素は尿からしか出ない。
それってずっと前から知っていたことなのに、
この本読んでいろいろ思い出しました。
私たちも体調がよくないときは、
足裏を揉んだり、白湯を飲んだりしてたんですよね・・・
主人の痛風にも水分補給が必須だったし^^;
yamatoご飯はスープたっぷりです。

うちは朝からウォーキングしてるでしょ。
お腹が空いちゃうのよね。
それに冬は寒さ対策で
お粥を食べて体温めてるのよ。
朝、時間をかけて食べる朝食もいいものですよ^^
Commented by shiba_yama at 2017-10-19 15:20
**amanojyako123さま**

こんにちは。
納豆おいしいよね!
大豆の摂り過ぎはあんまりよくないと思って、
結構控えていたんです。
(5日分のご飯に1パック入れる程度でした)
でも、やっぱり加熱せずに生じゃないと
酵素が摂れないと思って・・・
大根おろし、納豆、生野菜。
犬とは思えない食事ですね^^;笑

大粒よりも小粒の方がいいの!?
それは驚きました。
そういわれると確かにね・・・
じゃあ次回からは、小粒納豆を買って来て
包丁で叩こうかな。
Commented by はる at 2017-10-20 02:46 x
こんばんは!

本の感想、楽しみにしてました。
葛湯、人にも良いみたいですね。同じ生き物、犬に良いものは人にも良いのでしょうね~
尿の話はドキッとしました。オシッコチェック、甘かったです。昔のyamato君のブログにも、手作りにしてから匂いが消えたってありましたよね。

yamato君と同じ5歳の頃、なっちゃんもアレルギーが酷くなり、冬になっても痒みが治まらず、薬の使用で両耳が大きくハゲてしまいました。
年齢的にも体質が変わり、それに気付けずそれまでと同じ対応をしていたのが悪かったんじゃないかと、今では思っています(TT)
ようやくハゲが治まり半年、今はアレルギー対策にいつも鶏肉でしたが少し食材を増やそうと画策中です。ちょっと鶏肉に偏りすぎたのか、初めて手作りでお腹がゆるくなりました。それで牛肉と鮭の日を足したら調子が良くなってきた!!のに、今日、足のカイカイ発見しました(涙
体質が変わってきてしまったのか?季節の変わり目の不調なのか?もう分からない!! 0(><)0
と叫んでいる最中です^^;
でも、ちょっと前のあの盛大なハゲの時の頃に比べれば、こんなの大した事ないよ~♪と励まして、頑張ろうね!となっちゃんに言いながら、自分に言い聞かしてます。
勉強、苦手なんです(TT)
とりあえず・・・やってみよう!タイプです。

sibaーyamaさんのように、根本を理解して、自分の物にして実践するのは凄い!もうね、きっと頭の中が、綺麗に整理された、マスキングテープで名前の書かれたケースにきっちり収まっているんです。イメージできちゃいます。
yamato君はきっと大丈夫ですよ!愛情ゴハンでカイカイやっつけちゃえ!
Commented by shiba_yama at 2017-10-20 07:27
**はるさま**

こんにちは。
本の中には、体験談も書かれているのですが、
高齢犬で苦しんでいたワンちゃんが、
食事療法を実行したら、体から長年溜まっていた老廃物が一気に出たらしいの。
(そういうときはね・・・排便、排尿だけでなく、
顔に穴が開いてそこから吹き出物のように出ちゃうらしい。)
その後、しばらくしてそのワンちゃんは命を引き取るのですが、
飼い主さんがものすごく喜んでいたの。
全部吐き出して、ワンちゃんが安らかな顔になったらしく、
その顔のままあの世にいけたから・・・と。

食事療法は簡単ではないですよね。
薬と違って、すぐに結果が出るものじゃないから。
食事療法で3年かかる体質改善も、
半断食なら1週間で体質改善も可能だとか・・・
それくらい、難しいのかも。

ウンチゆるくなると焦るけど、
きっと一過性のものですよ。
外オシッコだとなかなか色や匂いは確認できないかもですが、
水分が充分に足りると、オシッコの量も増えるから
面倒だけど・・・でも、体にはいいらしいですよ^^
寒くなってきて、人間も水分補給が減るから、
はるさんも温かい白湯で胃腸を元気にさせてあげてくださいね♪
by shiba_yama | 2017-10-19 06:32 | 5years | Comments(8)

ビビリな柴犬yamatoと主と家政婦の日々の記録。家仕事の記録やおいしいものの記録もときどき。


by shiba_yama
プロフィールを見る
画像一覧