私にできること


a0286855_07264084.jpg
「うちにも柴犬がいるんだけど・・・こんな風に大人しくないの。

もうね・・・何回も噛んじゃったの・・・」



「柴犬なんて、みんな噛みますよ^^♪ 私も主人もたくさん噛まれたなぁ。」



yamatoを店先に繋いで買い物をしていた。
戻るとyamatoと話をしている人がいた。
そんなに柴犬が好きなの?


聞くと、
番犬&外飼いで放置したまま10年飼われていた柴犬を
お隣のおばあちゃんから世話を頼まれるようになった。
とのこと。


おもちゃでも遊ばない。

オヤツもあげられない。

犬に噛まれるのが怖いからあんまり家族は近づかない。


「もしかしたら、その柴ちゃん怖がりなんじゃないかしら・・・? 
悪いコではない、気がするよ。」


お嫁さんが帰ってくる音がすると散歩に連れて行ってもらいたくて、
お隣の門の前で大人しくフセをして待っているらしい。
健気だ。

*
*
*


柴犬と思うと放っておけない。

うちはマンションだし、保護犬を世話する余裕はない。
でも・・・、


人間の手に負えない犬を放棄せずに何とかしようとする人を
手助けできたらいいな・・・
となんとなく、
漠然と感じた。


犬を飼った経験がないだけ。
生き物に対する愛情はある。
ただどうしたらいいかわからない。
だけ。


近所には犬が怖くて触れないのに、
とある事情から犬を飼っている人がいる。
寝たきりなのに、ペットシッターさんを雇って犬を飼っている人もいる。


ひとり暮らしのおばあちゃんは
骨折をして犬の散歩ができなくなった。
ご近所さんが交代で散歩へ行くことになった。
回覧板のように散歩当番が回ってくる。
昔なら当たり前だろうけれど、
今はそういうことなかなか難しいよね・・・。

a0286855_07264296.jpg

*
*
*

a0286855_07264578.jpg

*
*
*

a0286855_07264796.jpg

*
*
*

a0286855_07265068.jpg

*
*
*

a0286855_07265348.jpg

*
*
*

a0286855_07265657.jpg


*
*
*

ワタクシゴト

3月31日をもってパートを辞めました。
2年の契約のつもりでしたが、事情があり3年続けました。
yamatoが来た頃のわが家に戻ります。

昔の私なら決して引き受けなかったでしょう。
まだ柴犬を育てる(飼う)ことに自信が持てなかったし、
何よりも石橋を叩いて渡る性格なものですから。

しかしながら、
この3年間の経験は想像以上に貴重なものでした。
人と人は助け合って生きているいうこと。
そして、その尊さを切に感じました。
私は誰かの心を救えたのだろうか・・・と考えると全く自信は持てません。

初めの1ヶ月間は体が環境に慣れなくて体調を崩してばかり。
ひどいストレスを感じていたかもしれません。
1年経っても仕事に自信が持てなくて。
それでも、毎日が楽しかった。

この貴重な体験が私の人生の糧になると思うとこれからの人生も楽しみに感じています。
こんな時間を与えてくれた人たちとそれをそっと見守ってくれた主に感謝。
もちろん、突然の留守番生活が始まったyamatoにも。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
*
犬ブログ広場 柴犬


[PR]
by shiba_yama | 2017-04-02 07:48 | 4years

ビビリな柴犬yamatoと主と家政婦の日々の記録。家仕事の記録やおいしいものの記録もときどき。


by shiba_yama
プロフィールを見る
画像一覧