"花ごよみ365日"





手入れの行き届いていない(?)畑では、
魅力的な雑草が姿を見せる。


散歩中に畑を眺めるのが私の日課。
ふーん、この野菜ってこんな風に生るのね・・・


小さな花の、その可憐さに
思わず放っておけなない気持ちになる。
a0286855_06143726.jpg







お気に入りの花瓶に挿して、テーブルに飾る。


数日後・・・摘んできたつぼみが
ひとつずつ咲いていく。

a0286855_06144277.jpg







ほんと綺麗だね♪


散歩中はじっくり眺められないけれど、
食卓に飾るといい目線で眺められる。


いつも脇役の"あの子"を主役にしてあげたみたい。

a0286855_06144599.jpg






日々の流れに疲れたとき、
ほっとできる一冊です。



++++++++++++ 花ごよみ 365日 +++++++++++++
: 季節を呼び込む身近な草花の生け方、愉しみ方

雨宮 ゆか著
誠文堂新光社

まいにちの花生けを美しい写真で紹介した本書は、「きょうは何の花が旬だろう?」と
草花の日めくりのように、花を生ける人だけに限らず、花好きへ贈る一冊としてもおすすめ。
巻末に掲載した植物の索引もあり、花への興味を広げる手助けとなるはず。
amazonより抜粋

+++++++++++++++++++++++++++++++++++


a0286855_06144700.jpg







*
*
*


5月31日
●南京あやめ

正式には庭石菖、という名の南京あやめ。
子どものころ土手に咲いているのをよく摘んでは、バケツに入れていた。
思えば私の花生けの原点のような花。

庭石菖:ニワゼキショウ(南京あやめ)/雀の槍:スズメノヤリ
発掘土器・ミャンマー
本文156ページより抜粋


a0286855_06145076.jpg



*
*
*


春から初夏にかけて、道端で新しい顔を見つけるたびに
ついつい手が伸びる。

yamatoとの散歩から帰ると、
その日の雑草たちを水に挿しておく。


私の春の楽しみ。

a0286855_06145397.jpg






とある日のベランダ。


一度摘んでしまうと枯れてしまうと思いがちだが、
それでも、しばらく挿しておくと・・・

a0286855_06145621.jpg






数日後に花開いたり、
お日様に向かって元気に伸びていたり♪


ありえない角度に笑わされた。

a0286855_06145983.jpg





本の中にも似たようなシロツメクサを発見。

シロツメクサは、たっぷりの水に挿しておくとものすごく伸びる。

雑草らしいな。

a0286855_06150274.jpg






12月14日
「箱のなかの雀瓜」



繊細な蔓は、壁にかけずに箱の中に入れる。
時と共に、しずかに、乾く。


365日、毎日、毎日続く、楽しいこと。
毎日とは言わなくても、毎月やってみたら
それだけで日々の暮らしが楽しくなりそう。


*
*
*

a0286855_06150549.jpg





雑草を摘むときの私なりのポイントは、
できるかぎり"新物"を摘むこと。


季節の一番に咲いた子は元気。

数週間経ってから咲き始めた子は枯れやすい。
・・・気がする。


これも蕾を摘んできて、食卓で花開くのが楽しくて
毎日のように摘んでいたら・・・

a0286855_06150819.jpg





虫付きがやってきた@@

蕾の状態でこの虫を取り除こうとすると
花が傷つくのでちょっと残念^^;


a0286855_06151133.jpg


※この本を書いてきてたのは5月初めのこと。そのため、写真に載っている草花は5月のものです。





*
*
*


最低気温:26,0℃(03時/湿度97%)
最高気温:35,0℃(15時/湿度58%)

とにかく木陰を探して歩くのに必死で
草木を眺めえる余裕もない。

今はそういう季節だから。
とりあえず体調管理に気をつけて、
秋がやってくるまでじっと我慢です。

a0286855_06151421.jpg



*
*
*


*
犬ブログ広場 柴犬



2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真


[PR]
Commented by amanojyako123 at 2017-07-27 08:21
おはよう(^0^)
何気ない散歩の時間にも目を向けて見ると
色々な「良いもの」がありますね(^-^)
 私も草花は大好きです
shiba-yamaさんのセンスの良さをうかがえます♡
 素敵な出会いがありますように♪(^-^)
Commented by いけかな at 2017-07-27 10:28 x
へぇー、道端の草花も、こうやって一輪挿しに挿すと、すてきですね~。
うちにも一つだけ一輪挿しがありますが、挿してあるのは猫じゃらしばっかりですw
Commented by shiba_yama at 2017-07-27 11:29
**amanojyako123さま**

こんにちは。
私は自然とは縁遠い、下町育ちです。
春になるとコンクリートのすき間から
一輪だけ咲く名もない雑草に毎朝水をあげてました。
私の家はまだ駅から遠かったので、
少しは街路樹などもありましたが・・・
親戚の家はオフィス街のすき間に建っているような家で、
街路樹すらもなくて^^;

今は自然の中で生きている草木や虫が
物凄く愛おしいです。
生まれて始めて見た生き物が
ドブネズミですからね・・・笑
Commented by shiba_yama at 2017-07-27 11:29
**いけかなさま**

こんにちは。
猫じゃらしも季節ありますよね!!
私は出始めの短い猫じゃらし大好きです。
ほんとに綺麗なグリーンですものね・・・
以前に珍しい色のものを見つけました。
嬉しかったので自宅へ持ち帰ったら、
なんだか種のようなものが飛んできて迷惑でした。

でも、モコちゃんや大福さんは
柄の長い猫じゃらしのほうがいいのかな♪
Commented by ばな at 2017-07-27 12:01 x
こんにちは
この本、持ってます ♪
自然に生えた草花をそのまんま生けてる感じが素敵ですよね。
あと、花器の選び方も参考になります。

ざっくり生けてるようで、実は違うんですよね ^^;
そこらの匙加減が知りたくて習ってます。
先は長い・・・








Commented by mana at 2017-07-27 13:31 x

こんにちは♪

蕾がぷっくりしてて 可愛いお花ですね。
私も旅行や出張で県外に出かけた時は 
そこらじゅうの草花から目が離せなくて
移動に時間がかかります^^;
だって 沖縄とは違うんだもの~
こっちにないものがいっぱいある。

南京あやめっていう花なんだ・・・
スッキリ (*^^*)

Commented by shiba_yama at 2017-07-27 18:13
**ばなさま**

こんにちは。
とても素敵な本ですね・・・
ひとつひとつがとても参考になります。
しかも365日ってなかなかアイデア浮かばないもの。
家にある器でもできないかなと思いますが
そこはやはり経験なんですかね。

私、ばなさんが先生に教えていただくようになったと
伺ったときドンぴしゃりで「いいな。」と思いました。
私の元職場にも雑草だけで個展を開かれている方が
いらっしゃいました。
もうね・・・どんなものでも
さりげないんですよね。
日々精進ですね^^
Commented by shiba_yama at 2017-07-27 18:13
**manaさま**

こんにちは。
初めての土地へ行くと
そういうところに目が行きますよね!
海でしか見かけない花とか
山にしかない高山植物とか・・・
話は脱線しますが、
アメリカで日本では見かけない黒い鳥が
たくさんいるのを見かけました。
鳩サイズのカラス・・・笑

南京あやめ(=ニワゼキショウ)って
咲いていてもほとんど見えないですよ。
花も小さいし、ほんとに目立たないんです^^
そこが可愛いんですけどね。
Commented by hoshigaoka at 2017-07-27 23:21 x
こんばんは!

とても小さくて可憐な花ですね♪
「南京あやめ」という花なんですか
こんな可愛い花がテーブルにあったら和みますね^^)
ニョキニョキと伸びた姿は盆栽みたいで面白い♪

花の名前を覚えると毎日のお散歩も楽しくなりますもんね。
どんな虫が付いてきたんでしょうか?アブラムシかな~@@)
Commented by shiba_yama at 2017-07-28 09:40
**hoshigaokaさま**

こんにちは♪
手入れの行き届いた街路樹や公園では
あまり見かけない雑草ですね・・・
春に芝生がボーボートのときに
覗いてみると結構咲いてますよ。

アブラムシです・・・
若いうちは虫もいないんですよ。
花が満開になってくると
虫も増えますね。
なので、満開の花は摘まない方がいいです^^;
シロツメクサもそうです。
by shiba_yama | 2017-07-27 06:37 | 4years | Comments(10)

ビビリな柴犬yamatoと主と家政婦の日々の記録。家仕事の記録やおいしいものの記録もときどき。


by shiba_yama
プロフィールを見る
画像一覧