犬の本【ペットと暮らす住まいのデザイン】

若い頃は、ごちゃごちゃと雑貨が散らかる部屋が好きだった。
フレンチ、アメリカン、アジア・・・国を問わず自分の好きなものだけに囲まれたかった。
でも、結婚したらそういう欲望はなぜか消えた。
"片づける"という課題が増えたからかな・・・


できる限り何も置きたくない。


それは犬が来てからも変えたくない。
犬専用もできる限り要らない。


「私たち夫婦の中に後から入ってきたのだから、あなたの思うようにはさせないわ・・・」
a0286855_9304862.jpg
そうは言っても、私の好みに反するものはいつの間にか増えてるし、
イタズラもされる。


「さすがにこれならイタズラもできないでしょ・・・」


毎日がそんな知恵比べの戦いだ。
a0286855_931944.jpg
ペットに快適でかつ人間にも快適な部屋。
他人に見られても恥ずかしくない部屋。
そんなペットとの美しい生活が垣間見れる本だった。



インテリアや建築を専門としている方が本気でペットとの共生を考えるとこうなるのかな。
住宅のチラシや建築設計の青焼きを見ると、背筋がゾクゾクするほど楽しい。
そんな私には最高の一冊。
a0286855_931142.jpg
この本を見ていると、不思議と猫を飼ってみたくなる。
いろんなキャットウォーク付きの部屋の写真が載っている。
こんなの見ながら生活してたら、毎日飽きないだろう。
室内で飼うなら、犬よりも猫の方が楽しそうだ。
a0286855_9275971.jpg
+++++
ペットと暮らす住まいのデザイン
廣瀬 慶二著
丸善出版
+++++

ペットと暮らす家を
「欲しい人」
「つくる人」
「知りたい人」のために。

本書は住まいとペットの幸せな関係を提案する初めての書籍。
まず第1章では、犬や猫との快適な暮らしを実現している空間をカラー写真で見ていく。
第2章では、一般住宅を対象としたフィールドワークから、ペットと住まいの生活実態を豊富な写真と図面によりあきらかにする。
第3章では、10年以上の試行錯誤の末にたどり着いたペットと暮らす住まいのディテールを公開。
第1章で紹介した豊かな空間を設計するための詳細図を多数収録。
最後に第4章では、第3章で公開したデザインの背景にある犬や猫に関する動物行動学の知識を実例を交えながら解説していく。
amazonより抜粋


 *
 *
 *

「トイレをどこに置くか」

「寝床をどこに置くか」

ペットを飼い始めたらまず最初に直面すること。
"そこしかないから、そこにした"となるのが現実だろうが、
その配置がペットの問題行動を引き起こす原因だったりする。←こういうことは後になってから気づくんだけどね・・・涙
そんな時この本を参考にしたら、ペットとの共生がもっとワクワクするものになるかもしれない。
昔ながらの団地間取りから、今どきのマンション、一戸建て・・・
想定される家の間取りの図面が載っている。
問題行動のあるペットとの共存、そうでない場合・・・
それぞれの間取りに合わせてトイレや寝床をどこにしているかが示されている。


 *
 *
 *

犬とどう一緒に生活していくか、我が家も課題が満載だ。
パピー期、やんちゃ期、成犬期、老犬期・・・
きっと成長に合わせて犬が生活する場所も変わっていくだろう。
その時々でまた参考にしてみたいな。
a0286855_9281983.jpg
朝、主を起こす"絵"を再現しようとしたが、誰もいないベッドには乗ってくれなかった。
無理やりオヤツを置いて誘導してみたよ^^;笑

↓写真はパピー期の犬部屋。


[PR]
Commented by はなうさ at 2014-02-18 12:16 x
こんにちは
 
小さい頃のyamatoくんのシッポ、ドーナツみたいですね 笑
 
我が家はネコを飼うと張り切ってる方がいますから、その時はこの本を
参考にさせてもらいます。
飼い猫は放し飼いにして、よそのネコまでうろついて
部屋がドロドロに・・・って考えるとオソロシイ ^^;
 
yamatoくん、遠慮がちですね 笑
驚くような悪戯はしないのでは???

私も飾るだけで用途の無い雑貨は置かなくなってきてるような気がします。
雑貨屋でかわいいと思っても、それが家の部屋に来たら、どんな状況になるか想像するんです。
大抵埃かぶったかわいい小物がイメージされるのが悲しいところ・・・掃除しろって?? 笑


Commented by mana at 2014-02-18 14:13 x

こんにちは♪

>いろんなキャットウォーク付きの部屋の写真が載っている
楽しそう^^
私も最初から動物との暮らしを考えた家の設計は興味あるな。
毎日みなさんとこの可愛いわんこやにゃんこを拝見していると
また動物と暮らしたい願望に変わって来そうだし^^

↓ そうそう この尻尾(*^_^*)
可愛い~~ たまら~ん~

>22時消灯ですか^^
早寝早起きさんですね~
私は22時頃からようやく自分の時間って感じです^^;

Commented by oz55mama at 2014-02-18 19:37
こんばんは

今は、ペットも家族という位置づけで、とても大切に
飼われている方が多いですものね。
こんなふうにペットと共生するためのいろんなアイデアを
きちんと形にした家の設計の本があるのも、そんな時代の流れですね。
きっと、参考になる事がいっぱいなのかな。
最近の家の広告などみても、散歩のあと足を洗う場所があったり
いろいろ工夫されてますね^^
柴犬しっぽの巻き方もいろいろあるんですね。
今まで、なんとなく見ていたので、びっくり〜おもしろい^^
Commented by yushipapa at 2014-02-18 22:22 x
シンプルな部屋って良いですよね。
そう思っていても、ついつい物が増えちゃうってのが現実ですよね。
ペットと気持ち良く共存するスペース作り、頭を悩ませますよね。
我が家なんて、さくらよりも達のわるいガキ共もいるので大変です(笑)
Commented by hoshigaoka at 2014-02-18 22:40 x
こんばんは!

>>住宅のチラシや建築設計の青焼きを見ると、背筋がゾクゾクするほど楽しい。
同感です!!時々ananなどの部屋特集とかみかけると、ついつい買ってしまいます^^)
どれもなんの変哲もなさそうな部屋で、マネできそうなんですけどできない..Orz
これはセンスの問題なのかもですね(笑

ペット共存用住宅ですか、団地から一戸建てまでの間取りってのが面白いですね!!
現在ペットはいませんが、ちょっと読んでみたい本です^^)v
Commented by oak-barrel at 2014-02-19 08:05
おはようございます(^^♪ oak-mamaです。

シンプルな暮らし・・・いいですね、憧れます・・・

本音を言うとすべてを片付けてすっきりしたお部屋で暮らしたいけどさ・・・
結婚すると相手もいることだし、すべてを自分の思う通りなんて無理ですからね・・・
papaは本買うの好きだしね・・・(ーー;)

・・・とりあえず・・・誰かが来るときは、多少スッキリさせておこうと努力(?)はします

私もインテリアの本とかを見るのは好きですね~♪
そして・・・いい片付け方とかをチョイチョイ掻い摘んで実行してたりしますね
Commented by shiba_yama at 2014-02-19 17:29
**はなうささま**

こんにちは。
もし、戸建を検討されているなら、ほんとにお勧めですよ!
キャットウォークのあるリビング。
玄関の吹き抜けとか、天井の高いリビングなどに
猫しか歩けない空間を作ったら、間違いなく楽しめると思います。
お酒飲みながら、猫が歩き回る姿を見られるなんて♪
って実際には寝てばかりかもしれませんけどね・・・笑

驚くようなイタズラはしないんですけど、
私が驚くのが大好きなので、
ときどき、まさかっていうものをガシガシ噛んでいます。
先日はテレビのリモコンを噛んでました。
おいしくもないし、楽しくもないけど・・・
私が驚いて追いかけてくるから楽しいらしい。
一部のボタンが使えなくなりました-_-;

結婚前は気に入ったものは、何も考えずに即買いでした。
そういう仕事もしていましたので、何の躊躇もなく・・・
でも、今はまず買いません。買うのは消耗品くらいかな~~
どんなものも最低1年は悩んでから買いますね。
Commented by shiba_yama at 2014-02-19 17:30
**manaさま**

こんにちは。
キャットウォークって楽しそうですよ~~
壁など部屋の上のほうに動きある棚などを作ったりしてね・・・
猫しか歩けない空間を作ってあげるなんて、
まさにペットとの共生を満喫してる感じがします^^

20時にはお風呂入って、21時には布団入りたいな~~♪
夜をゆっくり過ごすのも悪くないですね。
休日は明るいうちから飲んでるから、
ほんとに20時くらいに寝てしまうこともありますよ^^
ちなみにyamatoの消灯時間は18時です。
Commented by shiba_yama at 2014-02-19 17:30
**oz55mamaさま**

こんにちは。
昔は番犬飼いすることが多かったですからね・・・
今は犬に吠えさせないというのが当たり前ですし
変わりましたよね。
子供との共存、高齢者との共存・・・
家ってその時々でいろいろと変化していくものですからね。
これじゃなきゃダメというのではなく、
いつでも臨機応変に即対応できる家にしていきたいなと
常に思ってます^^
うちは主人が長男だからいつ同居という話がでるかわからないですしね♪

犬の足洗い場・・・
あれはいるのかな??
うちのマンションでは誰も使ってないですね。
ときどき子供が泥で汚れたボールやおもちゃを洗ってます。
Commented by shiba_yama at 2014-02-19 17:30
**yushipapaさま**

こんにちは。
子供は仕方ないですね。
幼少期のうちは大人と違いますから、
いろんなものを集めて、自分の好きなものを認識して、
自分で片づけて、いろいろ学ぶ時期ですものね・・・

子供のいるインテリア本というのも
今はいろいろ出ていますよね。
それでも、やはり大人の好みに合わさせるしかないのかな。
Commented by shiba_yama at 2014-02-19 17:30
**hoshigaokaさま**

こんにちは。
別にその部屋の良し悪しがどうとか、
真似したいかどうかというより、眺めていろいろ空想する・・・
そんな時間がなぜか楽しいんですよね。
うふふ^^
きっとhoshigaokaさんのツボにもはまるかと思いますよ。
でも、モノが増えるのはどうかと思うので、
どこか大きな本屋さん行かれたら探されてみてください^^
まずは立ち読みで♪

ペットのご飯食べる場所は、昔ながらのキッチンだったり、
トイレは洗面所だったりリビングだったり・・・
でも、来客のことを考えるとやはりリビングはダメかなとか。
他所様のお宅を眺めていると、自分の家の参考にもなります^^
Commented by shiba_yama at 2014-02-19 17:30
**oak-mamaさま**

こんにちは。
これいいな。と思うインテリアもあるけれど、
結局最後はしつけに行き着くような・・・。
しつけができていれば、どんな配置でも生活しやすいだろうし。
うちもトイレはお風呂場とか洗面所とかに移動してもらいたい気もするんですよね・・・
なかなか精神的に成犬になりきれていないから、
いろいろ無理があります^^;

主人は何事にも無駄が嫌いなんですよ。。。
私も結婚してから、いつの間にか無駄を省いているうちに
どんどんモノが減っていきました。
うちの主人はカバンに必ず本が入っていて、
次から次へと買うのでうちも本棚は凄かったです。
引越しを機に本のスペースは決めさせていただきましたけどね^^;
だって~片づけるのは私だもん・・・
by shiba_yama | 2014-02-18 11:08 | 1year | Comments(12)

ビビリな柴犬yamatoと主と家政婦の日々の記録。家仕事の記録やおいしいものの記録もときどき。


by shiba_yama
プロフィールを見る
画像一覧