柴犬と一緒の"もみじ狩り"@恵那峡

a0286855_1057329.jpg
"もみじ狩り"とは・・・

紅葉狩りの「狩り」は、獣を捕まえる意味で使われていたが、
野鳥や小動物を捕まえる意味に広がり、さらに果物などを採る意味にも使われるようになった。
果物を採る意味では、現在でも「いちご狩り」や「ぶどう狩り」などに使われている。
やがて「狩り」は草花を眺めたりする意味にも使われ、「紅葉狩り」というようになった・・・

語源由来辞典より抜粋
a0286855_1057113.jpg
天然記念物である日本古来の柴犬さんは、その言葉の意味もしっかりと理解している。
お山を散歩してる時、綺麗に紅葉した葉を見せて近づけると突然豹変する。


それまで大人しく歩いていても・・・


ボロボロになるまで噛み砕いてます・・・



写真は2週間ほど前、そんな"もみじ狩り"に出かけたときのもの。
a0286855_10565978.jpg
訪れた場所は、山間に隠れた秘境である恵那峡。

午前中だったせいか、他の紅葉スポットに比べたらだいぶ空いていた。
朝早いご褒美か、美人の柴犬さんにも会えた。
女のコにはいつも舐められてガウられるyamatoだが、
このコは同じくらいのテンションで興味を示してくれた。
今までyamatoが会ったことある女のコでいちばん相性が良かったんじゃないかな。
またどこかでお会いできないかな・・・。
a0286855_10565786.jpg
恵那峡は、木曽川をせき止めて作られたダムによってできた人造湖。
その水面には、周辺の山々が映し出される姿が魅力だ。
そんな景色を眺めながら、紅葉と柴犬を撮りたい・・・

撮りたい・・・お願い・・・

    撮らせて・・・
a0286855_1056557.jpg
「もういいよ・・・好きにして-_-;」


この日、yamatoが最も興味を示したのは、またまた水。
風で押し寄せる波の音に気づいた。
a0286855_10565419.jpg
と思ったら、勝手に降りていきそうな勢い。


「これはいつかひとりで入ってしまう日が来るかもね・・・」
a0286855_10565221.jpg
ぜったい溺れるなよ。
私は助けないからね。
a0286855_10564978.jpg
"柴犬と歩く中山道宿場町@馬籠宿"へ続く・・・

[PR]
by shiba_yama | 2013-11-29 11:33 | 1year

柴犬yamatoと飼い主の日々の記録。


by shiba_yama
プロフィールを見る
画像一覧